SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

ソフトバンクの子会社SBペイメントサービス(SBPS)とモノバンドルが、決済インフラ「Hokusai Payment(ホクサイペイメント)」の提供開始を12月1日発表した。

「Hokusai Payment」はモノバンドル提供のNFTインフラサービス「Hokusai」と、SBPSのオンライン決済サービスを連携した事業者向けの決済インフラで、利用する事業者はNFTの支払い方法としてクレジットカード決済が利用できるようになるとのこと。

「Hokusai Payment」に対応するクレジットカードとしては、ビザ(Visa)、マスターカード(Mastercard)、ジェーシービー(JCB)、アメックス(American Express)、ダイナース(Diners Club International)が挙げられている。

また「Hokusai Payment」にはクレジットカード決済機能の他、「AI不正検知」の機能が備わっているとのこと。膨大な決済情報と機械学習を用いて、ECサイトをクレジットカードの不正利用から守るとのことだ。

モノバンドル代表取締役の原沢陽水氏は「Hokusai Payment」について「NFT関連の取引において、適切な審査プロセスの検討など、AML等にも配慮しながら、エンドユーザーの体験向上ができますようインフラの部分から実現して参ります」と自身のツイッターでコメントしている

関連ニュース

モノバンドルと幻冬舎あたらしい経済が提携、Web3特化M&Aプラットフォーム「MergePad」でエコシステムへの貢献目指す

モノバンドル、インキュベーションプログラム「Nethergate」参加者募集

モノバンドル、企業向けNFTチケットソリューション「Hokusai Ticket」提供開始

【取材】NFT開発インフラ提供のHokusai、ポリゴンテストネット対応(日本モノバンドルCEO原沢陽水)

日本発NFTFiプロトコルのUnUniFi、gumi Cryptosやコインチェックらから約2.5億円調達

デザイン:一本寿和
images:iStocks/NeoLeo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察