クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ

クリプトドットコムがグローバルレストランガイドのラ・リストと提携

暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が、グローバルレストランガイド「ラ・リスト(La Liste)」との提携を11月28日発表した。

今回の提携によりクリプトドットコムは、「ラ・リスト」の代表的な年次イベント「ラ・リストガラ(La Liste Gala Presentation)」の公式web3パートナーとして参加するとのことだ。

なお両社によるweb3に関する取り組みの詳細については、今回発表されていない。

「ラ・リスト」は、フランス発のレストランガイドで、毎年発表される「世界のベストレストラントップ1000」で世界的に知られている。また2015年の発売以来、現在200カ国で展開され、1000の出版物と15万以上のダウンロードを誇るアプリを提供している。

今年で7回目の開催となる「ラ・リストガラ」は、世界トップのシェフたちが豪華な式典で表彰されるもので、11月28日にフランス・パリの外務省ケ・ドセーでの開催が予定されている。

クリプトドットコムの最高執行責任者のエリック・アンツィアーニ(Eric Anziani)氏は『進化を続けるデジタル世界においてweb3は、文化とつながりをさらに促進するための機会を提供する。我々は世界的に有名な瞬間を次のレベルのエンゲージメントに引き上げるために「ラ・リスト」と提携できることを誇りに思う』とリリースで述べている。

また「ラ・リスト」のCEOであるフィリップ・フォーレ(Phillippe Faure)氏は「クリプトドットコムと革新的なコンテンツやコンセプトを作成することに興奮している」とコメントしている。

クリプトドットコムは今年10月、フランスのパリに欧州地域本部を設立することと、同本部に約213億円(1億5000万ユーロ)を投資すると発表していた。

また、同社は9月にフランスでデジタル資産サービスプロバイダー(DASP)として同国金融庁に登録されており、フランス居住者に対し、現地の規制に準拠した一連の商品・サービスを提供できるようになっていた。

欧州地域本部への投資はDASPの登録完了に続く動きとなっており、クリプトドットコムはフランスでの長期的なコミットメントに向け、投資資金を同本部の設立に加えコンプライアンスや事業開発、地元の人材雇用に充てるとしていた。

関連ニュース

クリプトドットコム、パリ本部設立に向け約213億円投資

クリプトドットコム、フランスで暗号資産事業者の認可取得

クリプトドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得

クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得

Nikeがweb3プラットフォーム「.SWOOSH」、ポリゴン(MATIC)採用

参考:Crypto.com
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Boris_Kuznets

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored