フィデリティが個人投資家向け暗号資産取引「Fidelity Crypto」提供へ、BTCとETH対応予定

フィデリティがBTC・ETH取引サービス提供へ

米大手金融機関フィデリティ(Fidelity)が、個人投資家向けの暗号資産(仮想通貨)取引サービス「フィデリティクリプト(Fidelity Crypto)」の提供予定を11月3日発表した。

同サービスについては現在公式サイトにて、早期アクセスリストの登録受付が開始されている。

「フィデリティクリプト」は米国向けに提供される予定で、フィデリティの子会社であるフィデリティデジタルアセット(Fidelity Digital Assets)のサービス提供地域が対象となる。対象地域はニューヨークをはじめとした51州がサポートされていることが、早期アクセスリストの登録受付から確認できる。

フィデリティによると同サービスはビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2銘柄に対応する予定。取引手数料無料の代わりに、最大1%のスプレッドが課されるという。

また同サービスは、1ドルから暗号資産取引ができるのと同時に、従来の株式投資と暗号資産への投資両方を統合して表示するとのことだ。

同社は9月26日にイーサリアム(ETH)のインデックスファンドである「フィデリティ・イーサリアム・インデックス・ファンド(Fidelity Ethereum Index Fund, LP)」を提供開始。また、2020年にはビットコイン(BTC)のインデックスファンド「ワイス・オリジン・ビットコイン・インデックス・ファンドI(Wise Origin Bitcoin Index Fund I)」を立ち上げていた。

関連ニュース

フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始

シタデルやフィデリティやセコイヤら、米国でデジタル資産取引所「EDXM」設立へ

確定拠出型年金でビットコイン投資、フィデリティが提供しマイクロストラテジー採用も

バイナンス・a16z・フィデリティら、イーロンマスクのツイッター買収をサポート

ブラックロックやフィデリティ、USDC発行元サークルへ4億ドル出資

参考:フィデリティ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/FinkAvenue

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している