楽天、ディープコイン(DEP)のDEAとweb3領域における協業推進へ

楽天とDEAがweb3領域における協業推進にむけMOU締結

シンガポール拠点のNFT事業会社DEA(Digital Entertainment Asset)が、楽天グループとのweb3領域における協業推進に向けた覚書(MOU)締結を11月4日発表した。

今後両社は、それぞれの事業においてシナジーを創出する協業の可能性や、双方のサービスの更なる価値向上に向けた連携などに関して協議を進めていくとしている。

また発表によるとDEAは、楽天グループのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)である楽天キャピタルから新株予約権引受によるマイノリティ出資を受けることに合意したとも伝えている。

楽天キャピタルのカンパニープレジデント高澤廣志氏は今回の出資に至った理由について「(DEAが同社の)経験豊富な経営陣の下で、成長が著しいweb3の領域において世界を舞台に実績を残してきた点に着目した」と述べている。また同氏は「楽天グループの持つ会員基盤、ブランド、関連領域における事業ノウハウと、DEA社のGameFi、トークンエコノミー、メタバース事業推進の経験は、今後の両社の事業成長へ相互に大きく貢献していくと期待しています」とコメントしている。

DEAは、グローバルにGameFiプラットフォーム「PlayMining」を展開する企業。同プラットフォームでは職業をテーマにしたNFTカードバトルゲーム『JobTribes』などの「Play to Earn(遊ぶことで稼げる)」ゲームが提供されている。「PlayMining」は10月現在で世界100カ国以上250万人ユーザーを抱えている。

なお「PlayMining」でプレイするとゲーム内通貨「PALEcoin(ペールコイン)」が手に入り、このコインはDEAが発行する暗号資産(仮想通貨)「ディープコイン(DEP)」に変換ができる。「ディープコイン」は国内暗号資産取引所で日本円に交換することも可能となっている。

現在「ディープコイン」はビットポイントジャパン、オーケーコインジャパン、フォビジャパンに上場している。

海外においても、フォビグローバル(Huobi Global)やゲート(Gate.io)、ビットトレックス(Bittrex)、オーケーエックス(OKX)、エムイーエックスシー(MEXC)などの取引所でも「ディープコイン」は取り扱われている。

またDEAは東証マザーズ(現:東証グロース)上場企業の株式会社イオレ取締役会長を務める吉田直人氏と山田耕三氏が創業者兼CEOである企業だ。 また『JobTribes』のストーリー制作には、『神の雫』『金田一少年の事件簿』『サイコメトラーEIJI 』などの漫画作品で、亜樹直、安童夕馬、天樹征丸などの名前で活動する漫画原作者の樹林伸氏が参画している。

関連ニュース

テレビ東京がDEAに約3億円出資、放送外事業拡充で業務提携

遊んで稼げるだけじゃない、世界の誰かを助けられる「web3ゲーム」の可能性(DEA 山田耕三 / 前編)

カイジのNFT販売へ、決済はディープコイン(DEP)で「JobTribes」とコラボ

楽天「Rakuten NFT」が暗号資産決済導入へ、メタマスクで

フォビジャパンにディープコイン(DEP)上場へ、国内3例目

参考:DEA
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ