確定拠出型年金でビットコイン投資、フィデリティが提供しマイクロストラテジー採用も

フィデリティ、確定拠出型年金の投資先としてBTCを選択可能に

米大手金融サービス企業フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)が、ビットコインへの投資が可能な企業向けデジタル資産口座(DAA)の提供を4月26日に発表した。これにより同社が提供する確定拠出型年金(401k)を利用する企業の従業員は、その投資先としてビットコインを選択できるようになる。

確定拠出型年金(401k)とは、任意加入の企業年金制度である。加入した従業員は毎月一定額の拠出金を積み立てることで、その運用結果に応じた年金を退職後に受け取れる仕組みとなっている。なお拠出金の投資先は加入者が選択できる。

今回発表されたDAAはビットコインや短期金融市場投資を保有する口座となっており、DAA上のビットコインはフィデリティ・デジタル・アセット(Fidelity digital Assets)のカストディ・プラットフォームで保管され、機関投資家レベルの安全性が保証されるとのことだ。

DAAの提供の理由について、フィデリティの企業年金部門の責任者であるデイブ・グレイ(Dave Gray)氏は「従業員が暗号資産へアクセスできるような確定拠出年金(401k)に対する雇用主からの関心の高まりと、暗号資産を長期投資戦略に組み入れる意欲をもつ個人からの関心の高まりに応えるため」と述べている。

またフィデリティは今回のようなデジタル資産に関する取り組みを行うことで「デジタル資産の提供を進化させ、拡大させる」という同社の継続的なコミットメントを示し、総合デジタル資産サービスプロバイダーとしての地位を前進させるとのことだ。

DAAを含む確定拠出型年金(401k)プランについては、早ければ今年半ばから導入可能となる予定であり、米ナスダック上場企業であるマイクロストラテジー(MicroStrategy)が同プランの利用企業第1号になる予定とのことだ。

マイクロストラテジーの会長兼CEOであるマイケル・セイラー(Michael Saylor)氏は以下のようにコメントしている。

「マイクロストラテジーはフィデリティと協力して、401kプランの一環としてビットコインに投資するオプションを社員に提供する最初の上場企業になることを楽しみにしています。フィデリティのように企業向けにビットコインの革新を進めている企業と組むことは、機関投資家向けにビットコインのエコシステムの開発を進めることと同様に、当社にとって重要なことです」

関連ニュース

ブラックロックやフィデリティ、USDC発行元サークルへ4億ドル出資

CoinMetrics、フィデリティやGSらから43億円を調達

マイクロストラテジー、約236億円相当のビットコイン追加購入

中央アフリカが法定通貨にビットコイン採用、世界で2カ国目

取材】ダブルジャンプ、約30億円を株式で調達

参考:Fidelity Investments
デザイン:一本寿和

images:iStocks/eugenesergeev・LongQuattro・shironosov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない