中央アフリカが法定通貨にビットコイン採用、世界で2カ国目

中央アフリカ、法定通貨にビットコイン採用

中央アフリカ共和国の大統領府は27日、同国が法定通貨として暗号資産(仮想通貨)ビットコインを採用したと発表した。ビットコインの法定通貨化はアフリカ諸国では初めて、世界全体でもエルサルバドルに続いて2カ国目だ。

中央アフリカには豊富な金とダイヤモンドが埋蔵されているものの、国内紛争が何年も続いており、世界で最も貧しく開発が遅れている国の1つになっている。

こうした中で議会が先週、全会一致でビットコインを法定通貨とする法案を承認。ナムシオ大統領首席補佐官はロイターに「トゥアデラ大統領はこの法案を支持している。なぜなら国民の生活状況を改善させるからだ」と語ったが、具体的な効果には言及していない。

中央アフリカを含めた近隣6カ国では現在、「中央アフリカCFAフラン」と呼ばれる通貨が使用され、中部アフリカ諸国中央銀行(BEAC)が発行と管理に当たっている。中央アフリカの元首相2人は先週、BEACの指針が示されないうちにビットコインを法定通貨とすることに懸念を表明した。

関連ニュース

ホンジュラス経済特区でビットコインが法定通貨に、BTC債券発行も

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告

エルサルバドル、ビットコイン法定通貨化の初日は波乱含み

「ビットコイン法定通貨化は望ましくない」IMFが見解示す

バイデンが署名した暗号資産関連の大統領令、その内容は?

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集したものです。
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored