BIS、中銀デジタル通貨やDeFIを調査する「Project Mariana」開始

BISや中央銀行らがCBDCの外国為替にAMM導入検討

BIS(国際決済銀行)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)および分散型金融(DeFi)プロトコルに関連した調査を行うプロジェクトの開始を11月2日発表した。

このプロジェクト「プロジェクト・マリアナ(Project Mariana)」では、自動マーケットメイカー(AMM)を使用して外国為替市場と決済を自動化することで、ホールセール(大口決済)型CBDCのクロスボーダー決済を改善する可能性を調査するとのこと。利用するのは、スイスフラン・ユーロ・シンガポールドルのCBDCだ。

BISはAMMプロトコルについて「CBDCの国境を越えた交換を促進する新世代の金融インフラストラクチャの基礎を形成する可能性がある」としている。なおAMMとは仲介者や第三者に頼らずとも、自律的に市場に流動性が提供される環境をつくるプロトコルだ。DEX(分散型取引所)において採用されている。

なおプロジェクトの目的として「ラップドCBDC(wCBDC)のためのAMMの設計と適用を検討する」、「クロスボーダー決済のための効率的で信頼できるハブとして地域を越えたネットワークが機能するかどうかを調査する」そして「そのネットワーク内での wCBDCのガバナンスモデルを研究する」の3つが挙げられている。

またこのプロジェクトにはシンガポールおよびスイスのBISイノベーションハブの他、フランス銀行、シンガポール金融管理局(MAS)、スイス国立銀行(SNB)といった中央銀行、そしてユーロ圏の通貨当局であるユーロシステム(Eurosystem)が参加している。BISイノベーション・ハブは金融の技術革新を促すためにBIS内に設けられた中央銀行の協力組織で、ロンドンや香港にも設置されている。

関連ニュース

BIS、ゴールドマンサックスらとグリーンボンドのブロックチェーン管理を検証

BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始

BIS、IMF、世界銀行がCBDCに関する共同報告書公開

JCBら、中銀デジタル通貨の実証実験「JCBDC」、既存タッチ決済でスマホ・カード利用

SWIFT、「CBDCクロスボーダー決済」の実験に成功

参考:BISBIS2
デザイン:一本寿和

images:iStocks/peshkov・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored