サークル、USDC準備金をブラックロックの政府系ファンドで運用開始、来年完全移行へ

サークル、USDC準備金をブラックロックの政府系ファンドで運用開始

サークル・インターネット・フィナンシャル(Circle Internet Financial)が、大手資産運用会社ブラックロック(BlackRock)と提携し、ステーブルコインUSDCのドル準備金の一部を、ブラックロックのサークルリザーブファンド(Circle Reserve Fund)で運用開始したことを11月3日に発表した。

サークルリザーブファンドは、ブラックロック・アドバイザーズ(BlackRock Advisors)が運用する「米SEC規則2a-7」に準拠した政府系マネーマーケットファンド。そのポートフォリオは現金と短日物米国債で構成されている。なおマネーマーケットファンドとは国債やコマーシャルペーパーなど安全性の高い資産で運用を行う投資信託だ。

またサークルリザーブファンドは、独立した取締役会のもとに置かれ、米国の1940年投資会社法に従う義務が生まれるとのこと。そしてファンドのポートフォリオの保有状況を日次で報告する必要が発生するという。

サークルリザーブファンドの資金は、サークルのみが利用できるとのことだ。既存の保有国債が満期となれば、それで得た資金でサークルリザーブファンドが新たに国債を購入することになるという。

このファンドは11月3日より運用プロセスが開始され、2023年第1四半期末までにはUSDCの準備金は同ファンドへ完全に移行する予定だという。ちなみにファンドの資金はバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon)で保管されるとのことだ。

なおブラックロックは今年4月にサークル社へ出資を行い、企業戦略投資とUSDCの準備金のカストディアンとしての役割に加え、戦略的パートナーシップを締結している。

参考:Circle
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored