サークル、USDC準備金をブラックロックの政府系ファンドで運用開始、来年完全移行へ

サークル、USDC準備金をブラックロックの政府系ファンドで運用開始

サークル・インターネット・フィナンシャル(Circle Internet Financial)が、大手資産運用会社ブラックロック(BlackRock)と提携し、ステーブルコインUSDCのドル準備金の一部を、ブラックロックのサークルリザーブファンド(Circle Reserve Fund)で運用開始したことを11月3日に発表した。

サークルリザーブファンドは、ブラックロック・アドバイザーズ(BlackRock Advisors)が運用する「米SEC規則2a-7」に準拠した政府系マネーマーケットファンド。そのポートフォリオは現金と短日物米国債で構成されている。なおマネーマーケットファンドとは国債やコマーシャルペーパーなど安全性の高い資産で運用を行う投資信託だ。

またサークルリザーブファンドは、独立した取締役会のもとに置かれ、米国の1940年投資会社法に従う義務が生まれるとのこと。そしてファンドのポートフォリオの保有状況を日次で報告する必要が発生するという。

サークルリザーブファンドの資金は、サークルのみが利用できるとのことだ。既存の保有国債が満期となれば、それで得た資金でサークルリザーブファンドが新たに国債を購入することになるという。

このファンドは11月3日より運用プロセスが開始され、2023年第1四半期末までにはUSDCの準備金は同ファンドへ完全に移行する予定だという。ちなみにファンドの資金はバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon)で保管されるとのことだ。

なおブラックロックは今年4月にサークル社へ出資を行い、企業戦略投資とUSDCの準備金のカストディアンとしての役割に加え、戦略的パートナーシップを締結している。

参考:Circle
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された