マスターカードとビットオアシス、中東・北アフリカで暗号資産払いデビットカード提供へ

マスターカードとビットオアシスが提携

北アフリカ(MENA)地域の大手暗号資産取引所ビットオアシス(BitOasis)がマスターカード(Mastercard)と提携し、中東・MENA地域で暗号資産(仮想通貨)決済できるデビットカードを提供することを10月15日発表した。このデビットカードは「BitOasis Mastercard Crypto Card」という名称だ。

このカードによりビットオアシスのユーザーは、自身がビットオアシスの口座で保有する暗号資産の残高を利用して、加盟店で法定通貨の支払いが可能になるとのこと。対象は世界に9000万以上あるマスターカード加盟店となる。

なおこのカードのローンチは「規制当局の承認を得た市場で 2023年初頭に発売される予定」とアナウンスされている。

マスターカードは今年8月、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)と共に同取引所のアルゼンチンユーザーに対し、今回と同様のデビットカードを提供開始している。

またマスターカードは暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiとの提携により、利用者が保有するNFTをカード表面に表示できる「NFTカスタマイズ機能」を搭載した世界初のデビットカードを発表している。

関連ニュース

保有暗号資産で決済可能「FTX Visaカード」、40ヵ国にサポート拡大へ

ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

nexoとマスターカード、暗号資産担保クレジットカード提供

コンセンシスとマスターカード、イーサリアム関連のサービス提供へ

参考:BitOasis
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Yellow-duck

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ