「日本のブロックチェーン企業はもっと連携すべき」SBI R3 Japan CTOフェルナンド氏が語る

SBI R3 JAPAN キックオフ ミーティング開催

エンタープライズ向け(企業向け)ブロックチェーンプラットフォーム「corda」の日本ローンチイベントが4月1日に銀座で開催された。登壇者はCordaのコア開発者であるリチャード氏とSBI R3 JapanのCTOフェルナンド氏。ファシリテーターはSBI R3 Japanの社長の藤本守氏だ。

Cordaとは何か?

Cordaとは、分散型台帳の特性を使用して送金やその他データ送信などを行うプラットフォームのことだ。世界の全業界でプライベート型のブロックチェーンを適用した商取引が可能となるよう、ある特定の取引者の間でだけデータが共有されるモデルで技術設計されている。

 

 現在、ビットコインやイーサリアムを代表とするパブリックブロックチェーンとCordaのプライベート/コンソーシアムブロックチェーンの大きな違いは、「データの共有者を決められるかどうか」である。

そしてCordaの合意形成アルゴリズムは「ユニークネスサービスbyノータリー」だ。これはPeer(個人が情報を送る際にそれが正しいかどうかの判断の二重チェックできるアルゴリズムだ。

その構造としては、トランザクションのチェックにプライベートチェーンにおけるノードとノータリー(公証人)が存在し、ノードがトランザクションを署名した後、ノータリーが署名する仕組みだ

ノータリーがファイナリティを持っているので、ノータリーに署名されなければそのトランザクションは認められないという特徴がある。 

既存の金融機関はCordaをどう見ているか?

SBI R3 Japan CTO フェルナンド氏

フェルナンド氏は「日本のブロックチェーン企業はもっと連携していくべきだ」と言及。「私は、ブロックチェーン業界同士の連携も必要だけれど、それだけではなく、例えばコンサル業界などとも連携していってほしいと考えている。そのようにして、外からの意見をもらいながら技術を磨いていってはどうだろうか?」と語った。

また本記者の「日本の金融業界はCordaのようなプライベートチェーンプラットフォームをどのように捉えているのですか?」という質問に対して、フェルナンド氏は以下のように答えた。

「私は既存の金融機関のコアバンクシステムが少しずつ、Cordaのようなプライベートブロックチェーンに関心を持ってきていると感じている。そして、私はコアバンキングシステムでは不十分であったKYCや内部システムの問題をCordaでは解決できると考えている。まだまだブロックチェーンは未熟であることは認めるが、徐々に様々な挑戦を重ねて、成熟していくに違いない」

この回答から既存の金融業界も少しずつ変化を受け入れ始めていることを感じられた。そしてこの業界のイノベーションが起こるために重要なのは、テクノロジーファーストな人と既存金融の人が手を取り合って、既存業界と向き合うことかもしれない。

当日のイベントの参加者は、日頃「あたらしい経済」編集部がよく参加している開発者起点のブロックチェーンイベントと異なり、大手企業の中堅層が中心であったことが印象に残った。

どのようにブロックチェーンがマスアダプションしていくか、それが今回のようなプライベートチェーンからなのか、もしくはパブリックチェーンからなのか、注目であることは間違いない。

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学卒業。
幻冬舎で「あたらしい経済」の編集者・記者。
また個人活動としては「死ぬまで毎日ブログを書く」という約束をもとにブログ「たっけのメモ」を4年間運営。ラジオ番組「ミレニアル世代のアタマの中」のパーソナリティー。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学卒業。
幻冬舎で「あたらしい経済」の編集者・記者。
また個人活動としては「死ぬまで毎日ブログを書く」という約束をもとにブログ「たっけのメモ」を4年間運営。ラジオ番組「ミレニアル世代のアタマの中」のパーソナリティー。

合わせて読みたい記事

Libra協会に21団体が正式加盟、ホンダBMWらブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereum発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Libra協会に21の企業と組織が正式に加盟、ホンダやBMW自動車大手5社が、電気自動車によるブロックチェーンを活用した自動決済サービスの実験開始へ、AVALABSがAthereumを発表、バイエルンミュンヘンがストライキングとライセンス契約を発表

Devcon5大阪閉幕、イーサリアム財団宮口あや氏が4日間を振り返る、TBSがブロックチェーンでの再生エネルギーを利用などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Devcon5大阪が閉幕 、TBSホールディングスがブロックチェーンを活用した再生エネルギーを利用、CFTC委員長がETHは金融商品だと発言、AlipayとWeChatPayがBinanceのOTC取引との連携を否定、Maker財団がDAIの新仕様「MCD」を11月18日より提供開始

マークザッカーバーグ氏が米下院公聴会に参加へ、Binanceが人民元建てOTC取引を開始、LayerXが「Ethereum Foundation Grants Program」に採択などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

マークザッカーバーグ氏が10月23日に米下院の公聴会に参加することが明らかに、Binanceが人民元建てOTC取引を開始、Wechat、Alipayと連携、LayerXによるCBC Casperの研究が評価され「Ethereum Foundation Grants Program」に採択、JCBと富士通がデジタルアイデンティティー領域における共同研究を開始

ユニセフがイーサリアム財団のサポートでクリプトファンドを立ち上げ、WirelineがLibraをハードフォークしたOpen Libraを立ち上げへなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ユニセフがイーサリアム財団のサポートでクリプトファンドを立ち上げ、WirelineがLibraをハードフォークしたOpen Libra立ち上げへ、bitFlyerがカリウスの不正ログイン検知サービスを導入

Devcon5大阪開幕、NuCypherがPolychainやYCombinator等から1,067万ドル資金調達、NY州金融規制当局がブロックチェーン専門家募集などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Devcon5大阪本日開幕、アブダビでブロックチェーンを活用した土地登記へ、NuCypherがPolychain、Y Combinator、Bitmainなどから1,067万ドルの資金調達、ニューヨーク州金融規制当局が仮想通貨、ブロックチェーンの専門家を募集

PayPalがLibra協会から脱退、Consensysがinfura買収、LINEとLVCと野村HDがブロックチェーン領域事業での資本業務提携完了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

PayPalがLibra協会から脱退することが明らかに、ConsensysがEthereumの開発プロバイダー企業「infura」を買収、LINE、LVC、野村HDがブロックチェーン領域事業での資本業務提携を完了、ハイパーレッジャーが新プロジェクト「Hyperledger Avalon」を発表、コインチェックが、ガス料金の支払いでビットコインがもらえる、使えるサービス「Coincheckガス」を提供開始

米BitGoがステーキング事業に参入、リブラ協会からペイパル離脱寸前か、日本仮想通貨ビジネス協会がセキュリティトークン規制に関する提言書発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

米カストディ企業BitGoがステーキング事業に参入、リブラ協会からペイパルが離脱寸前か、日本仮想通貨ビジネス協会が、セキュリティトークン規制に関する提言書を発表、PoLとカイバーネットワークが協業を開始し、共同カリキュラムを作成へ、イーレックス、シェアリングエネルギー、Power Ledger がブロックチェーンを活用した電力の「P2P 取引の共同実証実験」を開始

a16zがCrypto Startup Schoolを開始、スタートバーンとメセナスがパートナーシップをCoinExchange.ioが12月1日にサービスを停止などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

a16zがCrypto Startup Schoolを開始、スタートバーンとメセナスが国際的パートナーシップを締結、富士通がブロックチェーン技術を利用したデータ流通/利活用基盤を活用し、大阪商工会議所の実証実験を支援、ツイキャスの仮想通貨ウォレット機能のサービス停止、CoinExchange.ioが12月1日に完全にサービス停止を発表、仮想通貨レンディングサービスのCoinOnがサービス停止を発表

VisaやPayPalなど決済企業4社がLibraへ参加留保発表、博報堂DYが「IP Ledger」開発、LayerXが経営新体制発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

VisaやPayPalなど主要な決済企業4社がLibraへ公式に参加留保を発表、博報堂DYメディアパートナーズがIPコンテンツの著作権をブロックチェーンで管理する「IP Ledger」を開発、LayerXが経営新体制を発表 、春リリース予定のブロックチェーン連動ゲーム「JobTribes」と代々⽊アニメーション学院がコラボレーション