コインチェックがWeb上でOTC取引開始、2019年1期目ICO調達額が激減、韓国仮想通貨取引所Bithumbがハッキングなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。またニュースの要点をまとめたトピックスも掲載していますので、ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください(ラジオの再生はページ下部参照)。

コインチェックが大口取引を求めるユーザー向けに、Web上でOTC取引を開始

・コインチェックが大口取引の顧客を対象に、OTC取引を4月1日より開始。このサービスはCoincheckWebで利用することが可能となった

・対象通貨となるのはBTC。なおこの取引は一般のコインチェックの24時間稼働する板取引とは異なり、平日10:00〜15:00の取引時間が設定されており、最低の取引価格は50BTCとなっている

2019年1期目のICO調達額が2018年1期目に比べ58分の1に

・Token Dataによると2019年の第1四半期のICO調達額は、約1億1800万ドル(約130億円)とのこと。昨年の同時期は約69億ドル(約7590億円)だった

・ICOが下火になっている理由としては、現在の相場の状況と、各国当局の規制等が影響されていると予想される

韓国仮想通貨取引所Bithumbがハッキングか

・韓国の仮想通貨取引所ビッサムが3月29日に約1300万ドル相当のEOSをハッキングで盗まれたと報じられた

・ビッサムの発表によるとは「盗まれた全ての暗号資産はビッサムのもので、顧客のものではない、顧客の資産はコールドウォレットで保護されている」とのこと

・また今回のハッキングは外部からの痕跡が見つからないため、内部によるものだと推測されている

Bitmainが次世代ASIC「AntminerS17シリーズ」を4月9日発売

・Bitmainが次世代ASIC「AntmainerS17シリーズ」を4月9日に発売すると発表された

・新シリーズに搭載される7nmASICBM1397は旧世代のチップと比較して、28.6%の電力効率の改善できる

・プロダクトマネージャであるYangxin氏は発表に合わせ、エネルギー効率の向上が大幅なコスト削減をし、それが利益の増加につながり、そして、スペースと消費電力の点でハッシュレートを大幅に改善できるだろうとコメント

※詳しくはニュース解説は以下のラジオでお楽しみください

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォン Podcastを聴く

(images:iStock /artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【1/17の話題】アスターネットワーク「ASTR」がフォビグローバルに上場、手塚治虫「火の鳥」と「ブラック・ジャック」NFTなど(音声ニュース)

ステイクのアスターネットワーク「ASTR」、フォビグローバルに本日上場、手塚治虫のデジタルアートNFT、「火の鳥」と「ブラック・ジャック」販売日決定、FENDI、暗号資産ウォレットケース発表、「Crypto .com Capital」、テックジャーナリストをパートナーとして採用、DeFi Alliance、Web3支援のため「Alliance DAO」設立へ、FTX新部門「FTXベンチャーズ」、約2,300億円規模のWeb3ファンド組成、バイナンスラボ、ブロックチェーンゲーム「ナインクロニクルズ」に出資、中国「ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)」、規制遵守のNFT管理インフラ発表

Sponsored

中国「ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)」、規制遵守のNFT管理インフラ発表

中国で国家支援で開発されている「ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)」が、NFTを管理できるインフラ「BSN-DDC(BSN-Distributed Digital Certificate)」を1月末にリリースする予定であることを、香港のメディアであるサウスチャイナ・モーニング・ポストが1月13日報じた

FENDI、暗号資産ウォレットケース発表

イタリアのファッションブランドであるフェンディ(Fendi)が、15日開催されたファッションショーで、暗号資産(仮想通貨)ハードウェアウォレット専用のケースを発表した。「Fendi X Ledger」と名付けられたこのコレクションは、ハードウェアウォレットを提供するレジャー(Ledger)とのコラボ商品で、「レジャー ナノ X(LEDGER Nano X)」に対応したケースとのこと。

「Crypto .com Capital」、テックジャーナリストをパートナーとして採用

暗号資産取引所等を運営する「Crypto.com」のファンド「Crypto.com Capital」が、元TechCrunchのジャーナリストであるジョン・ラッセル(Jon Russell)氏をパートナーとして採用したことを1月17日に発表した。ラッセル氏は「TechCrunch」やサブスクリプションメディア「The Ken」で、約10年間テック系ジャーナリストとして活躍してきた人物だ。

DeFi Alliance、Web3支援のため「Alliance DAO」設立へ

「DeFi Alliance」が、Web3スタートアップへの支援のための「Alliance DAO」を設立する予定であることが分かった。「DeFi Alliance」は、Web3のユーザーを2025年までに10億人にすることを目標とした複数の企業やプロジェクトで構成された団体であり、ファンド設立やインキュベーションプロジェクトなどを実施している。