1SECが「1BLOCK LAB」設立、企業のweb3参入やNFTビジネス支援

1SECが「1BLOCK LAB」設立

NFTスニーカーや「1BLOCK」を展開する1SEC(ワンセック)が、企業のweb3市場参入の支援を目的に「1BLOCK LAB」を設立したことを9月2日発表した。

「1BLOCK」はロサンゼルスと東京を拠点にweb3プロジェクトを開発運営するクリエイティブチームだ。AR(拡張現実)機能を利用することで3DCGで生成されたNFTなどを着用/体験できるスマートフォンアプリ「METADRIP(メタドリップ)」の他、3DNFTプロジェクト「MetaSamurai(メタサムライ)」などを提供してきた。

「1BLOCK LAB」は、「NFT」を活用したweb3サービス関連ビジネスを検討している企業やIPホルダー、新規事業担当者に向けたサービスとのこと。これまでに「1BLOCK」が培ったブロックチェーン関連サービスや「METADRIP」、メタバースの企画・開発・コンサルティングの知識経験が用いられるという

具体的に「1BLOCK LAB」では、「企画~オリジナルコントラクトによるNFT作成~配布/販売」をパッケージとしたNFTビジネス構築支援サービスを提供するという。  

また1SECは、「実際に1BLOCK LABを通して展開されるプロジェクトとは、1BLOCKが展開する各種アセットとの中長期でのシナジーも視野に入れており、NFTの保有者に対して、インセンティブの付与も期待されます。今後も、1SECは、手掛けるテクノロジーサービスで、企業やIPホルダーをエンパワーメントし、 web3.0サービスのマーケティング支援にも注力してまいります」と語っている。  

なお1SECが展開する3DNFTプロジェクト「MetaSamurai」は6月に、ファッションブランドのCOACH(コーチ)が日本限定で提供したスペシャルエディションのNFTとコラボレーションしていた。

関連ニュース

ファッションブランド「COACH」が日本限定のNFT提供へ、1SECとコラボで

BABYMETAL、NFTスニーカー販売へ。1SECとコラボで

1SEC、ファッションNFTをARで着用できるアプリ「METADRIP」発表

アパレルブランド「Ameri VINTAGE」がオートクチュールをNFT化して販売へ、1SECと協業で

1SEC、ファンコミュニティサービス「PEEEPS(ピープス)」β版提供開始

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない