米コインベース、MXC(MXC)とAurora(AURORA)上場へ

米コインベースでMXCとAURORA上場へ

米大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産エムエックスシー:MXC(MXC)とオーロラ:Aurora(AURORA)が上場することが8月31日発表された。

両銘柄は流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、日本時間9月1日午前2時以降に取引開始される予定だ。

取引ペアについては、両銘柄それぞれUSDをサポートすることになっており、段階的に開始されるという。なお両銘柄ともにイーサリアムのトークン規格ERC-20で発行されたトークンとなる。

また両銘柄は新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象通貨となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

エムエックスシー:MXC(MXC)とは

エムエックスシーは、誰でも簡単に暗号資産をマイニングすることを可能にするためのweb3インフラストラクチャプロジェクト。スーパーノードと呼ばれる独立したLPWANサーバーにMXCトークンをステーキングすることでユーザーは報酬のロックを解除できる。

現在MXCは、フォビグローバル(Huobi Global)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)などの多くの暗号資産取引所の他、分散型取引所(DEX)のユニスワップV3(Uniswap V3)で取り扱われている。なお時価総額は約258億円となっている(8/31 コインマーケットキャップ調べ)。

オーロラ:Aurora(AURORA)とは

オーロラは、ニアプロトコル(NEAR Protocol)のチームによって作成されたEVM(イーサリアムバーチャルマシン)と完全な互換性があり、高いスループットとスケーラビリティを特徴とするネットワーク。AURORAトークンはこのオーロラのガバナンストークンであり、オーロラ上の取引手数料にはイーサリアムが利用される。

現在MXCは、フォビグローバル(Huobi Global)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)などの多くの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やワンインチ(1inch)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約114億円となっている(8/31 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベース、DeFiレンディング「Ooki Protocol(OOKI)」上場へ

米コインベース、「イーサリアム先物商品」提供へ

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored