米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ

米コインベースでCELR上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産セラーネットワーク:Celer Network(CELR)が上場することが8月16日に発表された。

両銘柄は流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、8月16日9時(太平洋標準時)以降に取引開始される予定だ。

取引ペアについては、両銘柄それぞれUSDをサポート後、段階的にUSDTをサポートするとのこと。日本はサービス提供対象外となっている。

セラーネットワーク:Celer Network(CELR)とは?

セラーネットワークは、高速かつシンプルで安全なオフチェーン取引を提供するレイヤー2スケーリングソリューションだ。セラーネットワークは、取引の遅延減少やマイクロペイメントの手数料減少などを目的に、4つのアーキテクチャで構成されているのが特徴となっている。セラーネットワークのネイティブトークンCELRは、ステーキングに利用される。

現在CELRは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、MEXCなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約235億円となっている(8/16 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

コインベースとブラックロックが提携、機関投資家に暗号資産取引提供へ

米コインベース、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供

米アークインベスト、100億円相当のコインベース株を売却

【初心者向け解説】ポルカドット(DOT)とは何か?(ステイクテクノロジーズ 渡辺創太氏)

【10分解説】コスモスとポルカドット、何が違う?(CauchyE代表 木村優氏)

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored