米コインベース、DeFiレンディング「Ooki Protocol(OOKI)」上場へ

米コインベースでOOKI上場へ

米大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産オオキプロトコル:Ooki Protocol(OOKI)が上場することが8月30日発表された。

取引は流動性条件が満たされ次第、流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、日本時間8月31日の午前2時以降に開始される予定だ。取引ペアはOOKI-USDとなる。なお日本のコインベースではサービス提供対象外となっている。

またOOKIはBNBチェーン(BNB chain)やポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)上で発行されるトークンも存在するが、今回コインベースが対応するのはイーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のERC-20規格のOOKIのみである。

Ooki Protocol(OOKI)とは

オオキプロトコルは、信用取引、レンディング、貸付、およびステーキングを組み込んだDAO(分散型自立組織)によって運営されるDeFiプロトコルだ。オオキプロトコル上の信用取引においてユーザーは、中央集権的な取引所を介することなく、DeFi上で1.1倍から5倍までのポジションを保有することができる。OOKIトークンは保有することで、OokiDAOに参加することができるガバナンストークンとして利用されている。またこのトークンのステーカーは、プロトコルの収益の還元を受けることもできる。

現在OOKIは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、MEXCなどの暗号資産取引所で取り扱われている。なお時価総額は約35億円となっている(8/30 コインマーケットキャップ調べ)。 

関連ニュース

米コインベース、「イーサリアム先物商品」提供へ

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ

コインベースとブラックロックが提携、機関投資家に暗号資産取引提供へ

参考:コインベース
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored