米コインベース、DeFiレンディング「Ooki Protocol(OOKI)」上場へ

米コインベースでOOKI上場へ

米大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産オオキプロトコル:Ooki Protocol(OOKI)が上場することが8月30日発表された。

取引は流動性条件が満たされ次第、流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、日本時間8月31日の午前2時以降に開始される予定だ。取引ペアはOOKI-USDとなる。なお日本のコインベースではサービス提供対象外となっている。

またOOKIはBNBチェーン(BNB chain)やポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)上で発行されるトークンも存在するが、今回コインベースが対応するのはイーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のERC-20規格のOOKIのみである。

Ooki Protocol(OOKI)とは

オオキプロトコルは、信用取引、レンディング、貸付、およびステーキングを組み込んだDAO(分散型自立組織)によって運営されるDeFiプロトコルだ。オオキプロトコル上の信用取引においてユーザーは、中央集権的な取引所を介することなく、DeFi上で1.1倍から5倍までのポジションを保有することができる。OOKIトークンは保有することで、OokiDAOに参加することができるガバナンストークンとして利用されている。またこのトークンのステーカーは、プロトコルの収益の還元を受けることもできる。

現在OOKIは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、MEXCなどの暗号資産取引所で取り扱われている。なお時価総額は約35億円となっている(8/30 コインマーケットキャップ調べ)。 

関連ニュース

米コインベース、「イーサリアム先物商品」提供へ

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ

コインベースとブラックロックが提携、機関投資家に暗号資産取引提供へ

参考:コインベース
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored