米ヴイエムウェア、企業向け「VMware Blockchain for Ethereum」β版リリース

「VMware Blockchain for Ethereum」がベータ版リリース

米ヴイエムウェア(VMware)が、エンタープライズ向けブロックチェーン基盤「VMware Blockchain for Ethereum」のベータ版を提供開始した。同社が8月23日発表した。

「VMware Blockchain for Ethereum」は、企業がイーサリアム(Ethereum)ベースのブロックチェーンを「容易に構築」、「効率的に運用」、「迅速に拡張」できるように、同社既存のエンタープライズ向けブロックチェーン「VMwareBlockchain」を拡張し開発したとのこと。

また「VMware Blockchain for Ethereum」では「VMwareBlockchain」に続き、スマートコントラクト言語「ダムル(Daml)」をサポートしており、これにイーサリアムのサポートが追加されたことで、ユーザーの開発環境に柔軟性と選択肢を提供するとのことだ。

さらに「VMware Blockchain for Ethereum」に、独自のコンセンサスメカニズム「Scalable Byzantine Fault Tolerance(SBFT)」を利用することで、プライバシーやパフォーマンスの問題への対処やガス代無料モードなどに対応するという。これにより同基盤はエンタープライズグレードのEVM(イーサリアムバーチャルマシン)対応プラットフォームとなるという。

ヴイエムウェアは、米国カリフォルニア州を拠点とするクラウドコンピューティングや仮想化ソリューションなどを提供する企業。米デル(Dell Technologies)の子会社だったが、2021年11月1日より同社からスピンオフしていた。

なおヴイエムウェアのエンタープライズ向けブロックチェーン基盤「VMwareBlockchain」は2020年11月より提供されていた。

関連ニュース

DELL(デル)子会社VMware(ヴイエムウェア)がエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォームを提供開始

LayerXがエンタープライズ向けブロックチェーン基盤Corda(コルダ)、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)、Quorum(クオーラム)の比較レポート「プライバシー編」公開

東芝、企業向けブロックチェーン「DNCWARE Blockchain+」提供開始

Datachainとソラミツ、「ハイパーレジャーいろは」ネットワークの相互運用実証に成功

参考:VMware
デザイン:一本寿和
images:iStocks/www.fotogestoeber.de

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ