【取材】分散型エンタメ経済圏の構築目指す「MetaSolare」、松浦勝人やスティーブアオキら共同創業

MetaSolare、松浦勝人やスティーブアオキら共同創業

分散型エンターテイメント・エコシステムの構築を目指す、web3プロジェクト「メタソレア(MetaSolare)」の発足が8月22日に発表された。メタソレアを運営する「MetaSolare Pte.Ltd.」は、シンガポール法人として設立されている。

メタソレアの共同設立者は、KENTARO BEPPU氏、ASAHI IWANAGA氏、MASATO MATSUURA氏、STEVE AOKI氏、TSUBASA MURAKAMI氏、SEIHAKU YOSHIDA氏、ROBERT TRAN氏、TAKASHI HATANAKA氏の8人だ。

KENTARO BEPPU氏がCEO、ASAHI IWANAGA氏がCOO 、TSUBASA MURAKAMI氏がCLOを、またSHINICHI HISAMATSU氏がCTO、TERUAKI ASANO氏がCFOを務める。

メタソレアは、「ユーザーがデジタル上でコンテンツを所有するためのブロックチェーン技術要素」、「コンテンツを中心とした経済を循環させ持続可能にするための金融要素」、「大規模な双方向のコミュニケーションを実現するためのゲーム技術要素」の3つを融合して、ゲーム・音楽・アニメといったジャンルにおいて、全く新しいエンタテインメント体験を提供していくプロジェクトとのことだ。

具体的にリリースでは「GameFi」、「AnimeFi」、「MusicFi」が領域として挙げられている。

なお具体的なプロダクトとして、独自のブロックチェーン「メタソレア・ネットワーク(MetaSolare Network)」や、ブラウザおよびアプリ版の「メタソレア・ ウォレット(MetaSolare Wallet)」、独自NFTマーケットプレイス「メタソレア・マーケット(etaSolare Market)」の構築が挙げられている。

なお「メタソレア・ネットワーク」はイーサリアムベースのサイドチェーンとして構築するようだ。

さらに公式サイトにはメタソレアのコア通貨となるMetaSolare(MSL)についても紹介されている。MSLは単なるガバナンストークンではなく、ゲームやアニメ、音楽などそれぞれの経済圏を結びつけるトークンとのことだ。

なおパートナー企業は、ABEJA、エイベックス・クリエイティヴ・ファクトリー、エイベックス・テクノロジーズ、HashPortグループ(HashPort、HashPalette、HashBank)、MADWORLD HONG KONG LIMITED、UCOLLEX INTERNATIONAL LIMITEDで、今後さらに多くのパートナーとも協業を予定しているとのこと。

以下追記:8月23日18時30分

メタソレア創業メンバー兼CEOのKENTARO BEPPU氏へ取材

「あたらしい経済」編集部は、メタソレア創業メンバー兼CEOのKENTARO BEPPU氏へ取材を行った。

−−エコシステムの基盤となるブロックチェーンは、どのような要素を重視しているかを教えてください。

MetaSolareプロジェクトはエンターテインメントとWeb3の融合を目指しており、あくまでコンテンツが主体です。ですので、ユーザーにとって安全で使いやすいという点を重要視しています。

−−具体的に、今後の「メタソレア」のweb3×エンタメの展望を説明していただけますか?

MetaSolareはライブエンターテインメントも含めた既存のエンターテインメントにWeb3の要素を融合したプロジェクトを展開していく予定です。そして、ゲームだけではなく、アニメや音楽などのコンテンツも展開しそれが融合する世界を目指しています。

−−基盤となるイーサリアムのサイドチェーンからのクロスチェーン戦略やトークン戦略について説明していただけますか?

MetaSolareはコンテンツが主体のプロジェクトですので、自社ネットワークも構築しますが、様々なチェーンでのコンテンツ展開も検討しています。詳細については後日、状況が確定次第お知らせします。

−−どんなソリューションでガス代ゼロを実現しているのでしょうか?

こちらも現在開発が進んでいますが詳細についてはまたしかるべき時期にお知らせいたします。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored