Datachainとソラミツ、「ハイパーレジャーいろは」ネットワークの相互運用実証に成功

「ハイパーレジャーいろは」ネットワークの相互運用実証に成功

Datachain(データチェーン)とソラミツが「Hyperledger Iroha(ハイパーレジャーいろは)」の複数ネットワークにおいて、コスモス(Cosmos)のIBCを用いたインターオペラビリティ(相互運用性)の実証に成功したことを発表した。異なるデジタル通貨・地域通貨間の同時交換(PVP決済)のユースケースを想定した実証となる。

「Hyperledger Iroha」はソラミツが開発を主導するエンタープライズ向けブロックチェーン基盤。カンボジア王国のCBDC(中央銀行デジタル通貨)「Bakong(バコン)」の他、福島県会津大学のデジタル地域通貨「白虎(Byacco)」や福島県磐梯町のデジタル商品券「磐梯町デジタルとくとく商品券」、大阪府豊能町スマートシティのデジタル商品券「とよのんプレミアム付きデジタル商品券」など、様々なデジタル通貨プロジェクトの基盤として国内外で活用されている。

またIBC(Inter-Blockchain Communication)とは、インターチェーン財団およびCosmosプロジェクトによって策定が進んでいる、ブロックチェーン同士の相互運用性を担保するための仕様標準だ。

発表によると今回のインターオペラビリティには、データチェーンが開発をリードするインターオペラビリティプロジェクト「Hyperledger Lab YUI(ハイパーレッジャーラボ ユイ)の「yui-ibc-solidity(IBCのSolidity実装)」を用いているとのこと。そのうえで「いろは」におけるICS-20(IBCにおけるトークン転送について定めている標準)実装、web3 APIに対応するためのweb3-gatewayの実装などにより実現しているとのことだ。

データチェーン担当者に聞いたところ、パブリックチェーンでは1つのブロックチェーンに対し1つのネットワークとなるが、エンタープライズ向けブロックチェーンの場合は同じブロックチェーン基盤で複数のネットワークが作られるという(バコン・白虎などはそれぞれ別のネットワーク)。

今回の実証では、これらの「同一のブロックチェーン基盤」の「異なるネットワーク」を接続するためのインターオペラビリティを実現させたということだ。ちなみに同じくエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(corda)」には、もともとインターオペラビリティ実装がされているとのこと。

今後について両社は、PVP決済を中心に「いろは」を用いた具体的なユースケースへの応用を目指すとともに、多くの金融系プロジェクトに採用されている「コルダ」を始めとした異種ブロックチェーン基盤とのインターオペラビリティにも対応することで、ユースケースのさらなる拡充を図るとしている。

関連ニュース

Datachainがソラミツと連携、異なるブロックチェーン上でのデジタル通貨同時交換の実現目指す

JCBとデータチェーン、異種分散型台帳間の相互接続について共同研究開始

DatachainとNTTデータ、イーサリアムとHyperledger Fabric間のDVP決済検証に成功。コスモスのIBC利用で

アジア開発銀行がブロックチェーン国際証券決済の実証実験。ソラミツ、富士通、R3、コンセンシスらと提携し

東レとソラミツ、ブロックチェーンでリサイクルポリエステルを管理する実証実験へ

デザイン:一本寿和
images:iStock/dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も