DELL(デル)子会社VMware(ヴイエムウェア)がエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォームを提供開始

DELL(デル)子会社VMware(ヴイエムウェア)がエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォームを提供開始

米ヴイエムウェア(VMware, Inc)がエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォーム「VMwareBlockchain」を提供開始したことを11月18日発表した。

米デル(DELL)の子会社であるヴイエムウェアは、米国カリフォルニア州を拠点とするクラウドコンピューティングと仮想マシンを扱う大手企業である。

THEBLOCKによるとヴイエムウェアは2018年にベータ版のブロックチェーンプラットフォーム「ProjectConcord」を発表しており、今回発表された「VMwareBlockchain」は企業が分散型アプリケーションの構築および展開を支援することを目的として開発されたとのこと。

ヴイエムウェアはこの「VMwareBlockchain」を金融業、製造業、小売業、ヘルスケア業界を対象に販売するとのことだ。

「VMwareBlockchain」では「Scalable Byzantine Fault Tolerance(SBFT)」と呼ばれる独自のコンセンサスメカニズムを利用することでスケーラビリティとパフォーマンスの問題に対処するとのこと。VMwareによると、このメカニズムはフォールトトレランス(システム停止などしても予備の系統に切り替えるなどして機能を保ち、正常に稼動させ続けること)の実行と悪意のある攻撃に対する防御を維持し、ブロックチェーンソリューションの規模とパフォーマンスの問題を解決するように設計されているとのこと。それにより複数のノードにおけるガバナンスをサポートするとのことだ。

また「VMwareBlockchain」の特徴として、デジタルアセット(DigitalAsset)社開発のスマートコントラクト言語である「ダムル(DAML)」をサポートしているとのこと。またプラットフォームアーキテクチャには、プラットフォームを簡単に拡張して追加のスマートコントラクト言語をサポートするように設計された仮想スマートコントラクト実行エンジンも実装されているとのことだ。

(images:iStock/inkoly・BestForBest)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道