東芝、企業向けブロックチェーン「DNCWARE Blockchain+」提供開始

東芝がエンタープライズ向けブロックチェーン提供開始

東芝グループのシステムインテグレーターである東芝デジタルソリューションズが、エンタープライズ向けプライベートブロックチェーン「DNCWARE Blockchain+(ディーエヌシーウェアブロックチェーンプラス)」を5月9日より提供開始したことが分かった。

東芝デジタルソリューションズはこのブロックチェーンをマネージドサービスとして提供、「ブロックチェーンネットワークの管理・運用を意識することなく、簡単にアプリケーションを作成できる」と説明している。なおアプリケーション開発者自らがノードを用意することも可能だという。

またアプリケーション開発者は、ブロックチェーンネットワーク管理・運用者の承認を得ることなく、スマートコントラクトを作成・リリース(デプロイ)できるとしており、スマートコントラクトを開発するためのツールも用意しているとのことだ。

また企業用途で求められる高信頼性については、同社のクラスタ技術(複数のコンピューターを連携させてひとつのシステムとして動作させる技術)を合意形成の多数決ロジックに応用して実現しているとのことだ。

なおすでに「DNCWARE Blockchain+」は、昨年8月に発表されたZEROBILLBANK JAPANの物流トレーサビリティサービス「Trace Ledger」やSAMURAI Security(サムライセキュリティ)のオンライン相続支援サービスに利用されている他、昨年9月より開始した長崎県長崎市の契約事務のデジタル化に採用した電子契約システムへの実証実験にも利用されているとのことだ。

「DNCWARE Blockchain+」の利用価格は5万トランザクションで月額25万円(税抜)から。トランザクション量やノード数で料金が変動するとのことだ。

関連ニュース

東芝ら、JPモルガンのブロックチェーン金融アプリ「Liink」で量子暗号通信の実用性実

P2P電力取引プラットフォーム提供のデジタルグリッドが東芝ら5社より7.5億円の資金調達

LayerXがエンタープライズ向けブロックチェーン基盤Corda(コルダ)、Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)、Quorum(クオーラム)の比較レポート「プライバシー編」公開

DELL(デル)子会社VMware(ヴイエムウェア)がエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォームを提供開始

LayerXが独自分析フレームワーク「LEAF」に基づくエンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポートを公開

参考:東芝デジタルソリューションズ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/peterschreiber.media・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored