LayerXが独自分析フレームワーク「LEAF」に基づくエンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポートを公開

LayerXが独自分析フレームワーク「LEAF」に基づくエンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポートを公開

株式会社LayerXが、同社独自のブロックチェーン基盤分析フレームワーク「LayerX Enterprise blockchain Analysis Framework(LEAF:リーフ)」を6月30日公開した。またこの公開と同時に代表的なエンタープライズ向けブロックチェーン基盤であるCorda、Hyperledger Fabric、 Quorumについての分析結果も公開した。

LEAFはブロックチェーン基盤を問わず、基本設計、プライバシー、 インターオペラビリティに関して分析・比較を可能にするフレームワーク。ブロックチェーンを用いたシステム設計の検討コスト削減を目的に公開されたものだ。

LEAFと同時に発表された分析結果については、今後計3回に分けて基本編、プライバシー編、インターオペラビリティ編を公開する予定とのことだ。

「エンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポート基本編」のレポートはこちら

スライドはこちら

「エンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポート基本編」の執筆代表者でLayerXのリードエンジニアである三津澤将司(みつざわまさし)氏は「LayerXでは多様な領域で、経済活動のデジタル化にまつわるユースケース実装の設計・実装を行っており、その過程で各基盤の技術的特性、ユースケースに対する適正を検討してまいりました。LEAFを公開することでコミュニティの皆様の基盤検討や各基盤の改善の一助となり、ユースケースの実装を念頭においた設計・実装の議論を活発化させることができれば幸いです」とコメントをしている。

編集部のコメント

プレスリリースによると今回LEAFを公開した背景として「現在ブロックチェーンのエンタープライズにおけるユースケースが急速に増加しており、国内外で多くの商用化事例が存在している。そしてブロックチェーン基盤は基盤ごとに設計思想が大きく異なり、技術特性もそれに応じて変わってくるため、各基盤で充足可能なセキュリティ要件、適性のあるユースケース、プライバシーの要件、インターオペラビリティ実現の難易度が異なる。そこでLEAFを公開することで、ユースケースに応じた基盤検討を行なう際の観点を明確化するとともに各基盤の検討負荷を軽減し、ブロックチェーンの円滑な社会実装の推進に資することを目指した」と説明がされています。

また今回公開された分析結果である「エンタープライズ向けブロックチェーン基盤比較レポート基本編」では、ブロックチェーンの複数組織間でのデータ共有を行なうソフトウェアとしての側面に注目し、Corda、Hyperledger Fabric、Quorumという基本設計の異なるブロックチェーン基盤の状態データ複製のプロセスをトランザクションが作成されてから状態データが更新されるまでのトランザクションフローの各フェーズ(1. トランザクションの作成、2. コンセンサス、3. 配布、4. 解釈・検証、5. 更新)に分類し、それぞれのフェーズでどのような状態データ書き換えロジック・検証ロジックが実行されるか、各ノードがどのようなデータを受信し永続化するか、それらがセキュリティやアプリケーションの実装にどう影響するかを整理し、各基盤の技術的特性の分析を行っているとのことです。また同レポートで提案するトランザクションフローの分析はCorda、Hyperledger Fabric、Quorum以外のブロックチェーン基盤にも応用可能とのことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/nisaul-khoiriyah)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/11の話題】バイナンスで米ドル入出金が停止、Perfume初のNFTアートなど(音声ニュース)

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か、Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売、【取材】ステイクが11億円調達、Fenbushi Capital、East Ventures、Gumi Cryptosらから(CEO渡辺創太)、gumi創業者の國光氏退任、ブロックチェーンとVRに注力か、エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IMF)が懸念、銀行の暗号資産保有に厳しい提案、バーゼル銀行監督委員会、米ステート・ストリート、デジタルアセット部門を立ち上げ、バイナンスにGitcoin(GTC)が上場、米コインベースとForUsALL、暗号資産利用の確定拠出年金プラットフォーム発表、BCトレーサビリティのサーキュラー、約15.3億円の資金調達、フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社と米MintKudos inc(ミントクードス)が業務提携することを6月11日発表した。これにより両社はNFTやソーシャルトークンを中心としたトークンゲーティング機能によるユーザーへの新体験や、Web3.0サービスの事例作りを行っていくとのこと

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か

暗号資産(仮想通貨)企業にサービスを提供する金融機関の1つである米シルバーゲート(Silvergate Bank)銀行が、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)向けの米ドルでの入出金処理を停止することをコインデスクが6月10日に報じた。コインデスクはこの事情に詳しい関係者からの情報を元に報じている。

【速報】Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売

Perfumeがリリースを予定していたNFTアート作品の販売開始が6月11日正式に発表された。本日11日21時より販売される。 今回Perfumeが販売するのはNetflixで配信中の「Perfume Imaginary Museum “Time Warp”」で使用したデータを元に制作される、Perfume初のNFTアート作品「Imaginary Museum “Time Warp”(イマジナリーミュージアム “タイムワープ” )」だ