英金融規制当局が暗号資産(仮想通貨)市場調査レポートを公開

英金融規制当局が暗号資産(仮想通貨)市場調査レポートを公開

英国の金融規制当局である金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)が暗号資産(仮想通貨)市場調査レポートを6月30日公開した。

今回行われた市場調査は昨年2019年末に3,085名を対象に行われたオンラインアンケートをもとにしているとのことだ。

レポートでは英国国内の成人のうち3.86%が暗号資産を保有していることや、暗号資産保有者のうち75%の人の保有量が1,000ポンド(約13万3,000円)に満たないこと、保有者のうち95%が英国以外の国の取引所を利用していることなどが記載されている。

これは英国の成人人口を5,000万人とすると、約190万人が暗号資産を保有していることを意味する。

また昨年からの大きな変化として「暗号資産(Cryptocurrency)という言葉を聞いたことがない」と回答した人が昨年の調査では58%だったのに対し、今回の調査では27%まで減少しているとのことだ。

編集部のコメント

今回公開されたレポートでは、調査対象者の10%以上が聞いたことがあると回答した暗号資産として、ビットコインが78%、FacebookのLibraが22%、ビットコインキャッシュが20%、イーサリアムが17%、ビットコインSVが12%、ライトコインが12%と結果が記載されています。

これにより英国国内では、暗号資産としてまだ発行されていないFacebookのLibraの知名度が、ビットコインキャッシュやイーサを上回ってることが分かりました。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した