bitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi」の試用環境を公開

bitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi」の試用環境を公開

株式会社bitFlyer Blockchainが独自ブロックチェーン「miyabi(ミヤビ)」の試用環境を7月1日に公開した。

今回発表されたリリースによると同社は「miyabi」を気軽に使いたい、マニュアルを拡充してほしいなどの利用者の要望に応えるため「miyabi」の試用環境公開を決めたとのことだ。

具体的にはグラフィカルインターフェイスを使って「miyabi」を操作できるGUI機能、コマンドラインを使って「miyabi」を操作できるCLI機能、日本語マニュアル、サポートSlackチャンネルを提供するとのこと。

「miyabi」試用環境、GUI機能の利用方法はbitFlyerのnoteにて説明されている。

編集部のコメント

bitFlyer Blockchainは今年4月にエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」のBaaSとしての提供を開始しています。「miyabi」は同社が独自に開発したコンセンサスアルゴリズム「BFK2」を採用しており、堅牢なセキュリティと4,000件/秒を超える高速スループットを実現するブロックチェーンとのことです。

また同社は今年6月にマイナンバーカード認証を活用した「なりすまし防止機能付き」のブロックチェーン投票サービス「bVote」を発表しています。

「bVote」には「bPassport」というブロックチェーンIDシステムと、「miyabi」を活用した投票システムが利用されています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/Cemile-Bingol)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

タイSECがミームコインやファントークン、NFTを規制

タイ証券取引委員会(SEC)はデジタルアセット取引所がミーム・トークン、ファン・トークン、NFTなど特定の種類の暗号資産に関連したサービスを提供することを禁止する新規則を6月11日に承認した。この新しい規則は、デジタルアセットトレーダーの利益保護を強化することを目的としているとのことだ。

【6/11の話題】バイナンスで米ドル入出金が停止、Perfume初のNFTアートなど(音声ニュース)

米シルバーゲート、バイナンスの米ドル入出金を停止 過激派組織が関与か、Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売、【取材】ステイクが11億円調達、Fenbushi Capital、East Ventures、Gumi Cryptosらから(CEO渡辺創太)、gumi創業者の國光氏退任、ブロックチェーンとVRに注力か、エルサルバドルのビットコイン法定通貨動向、国際通貨基金(IMF)が懸念、銀行の暗号資産保有に厳しい提案、バーゼル銀行監督委員会、米ステート・ストリート、デジタルアセット部門を立ち上げ、バイナンスにGitcoin(GTC)が上場、米コインベースとForUsALL、暗号資産利用の確定拠出年金プラットフォーム発表、BCトレーサビリティのサーキュラー、約15.3億円の資金調達、フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

フラクトンベンチャーズ、トークンゲーティングシステムMintGateと業務提携

Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社と米MintKudos inc(ミントクードス)が業務提携することを6月11日発表した。これにより両社はNFTやソーシャルトークンを中心としたトークンゲーティング機能によるユーザーへの新体験や、Web3.0サービスの事例作りを行っていくとのこと