欧州イノベーション評議会(EIC)がソーシャルグッドなブロックチェーンスタートアップ6社へ合計560万ドルの支援

欧州イノベーション評議会(EIC)がソーシャルグッドなブロックチェーンスタートアップ6社へ合計560万ドルの支援

欧州イノベーション評議会(EIC:European Innovation Council )が、6社のブロックチェーンスタートアップに560万ドルの助成金を支給したことを明らかにした。この助成金は、EICが主催した「EIC Prize on Blockchains for Social Good」で各賞に採択された企業へ支給される。なおこの賞にはQuality Content(コンテンツの質)、Traceability & Fair Trade(トレーサビリティとフェアトレード)、Financial Inclusion(金融包摂)、Aid & Philanthropy(援助と慈善活動)、Decentralised Circular Economy(分散型循環経済)、Energy(エネルギー)の6種類がある。

「EIC Prize on Blockchains for Social Good」の目標は、社会的イノベーションのためのブロックチェーンの分散化された応用を探求する開発者と市民社会の努力を認め、支援すること。この賞はトレーサビリティやフェアトレード、金融包摂、分散型循環経済、公共プロセスの透明性、民主的意思決定への参加、公的記録の管理などの分野を対象とすることを提案している。

受賞した6社は、オランダ「WordProof(ワードプルーフ)」、イギリス「PPP(ピーピーピー」、フィンランド「GMeRitS(グメリッツ)」、アイルランドのオックスファムとフランスのスタートアップSempoによって設立されたアンブロック・キャッシュ・プロジェクト「OXBBU(オウエックスビービーウー)」、ブロックチェーンプラットフォーム「CKH2020」、イタリアの「PROSUME(プロジューム)」だ。

編集部のコメント

WordProofは真正性を証明し、情報を検証可能なものにするために、WordProof Timestampエコシステムを開発しています。

英国の社会的企業Project Provenanceによって開発されたPPPは、企業が自社のビジネスや製品の背後にあるサプライチェーン全体で社会的影響を証明できるようにするためのコンセンサスアルゴリズムであるProof of Point(プルーフオブポイント)を開発しています。

GMeRitSは様々な反競合的な報酬やガバナンス構造を評価するために、オルタナティブな経済構造を用いた大規模な実験を行っています。

アンブロック・キャッシュ・プロジェクト OXBBUは、被災した女性や男性に国際援助を効率的かつ持続的に届けるための分散型モデルを開拓しています。

フランスの協同組合Kleros(クレロス)によって生み出されたCKH2020は、電子商取引や共同経済における消費者の紛争を解決するためのプラットフォームで、陪審員の選択と裁定の両方がブロックチェーンによって規制されています。

イタリアのPROSUMEは再生可能エネルギーの生産者でもある消費者を対象に、ピアツーピアのエネルギー取引のための分散化された自律的なデジタルマーケットプレイスを提供するプラットフォームを構築しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/pgraphis・bagotaj)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。