スターバックス、web3リワードプログラム導入か

スタバがweb3対応のリワードプログラム導入か

大手コーヒーチェーンのスターバックス(Starbucks)による、ブロックチェーンや暗号資産(仮想通貨)、NFTに関連したweb3対応のリワードプログラムを顧客に提供する方針が、同社8月3日開催の2022年第3四半期決算説明会で明かされた。

スターバックスの暫定CEOであるハワード・シュルツ(Howard Schultz)氏の発言によると、同社は既存の「スターバックス・リワード・エンゲージメントモデル」をベースに、web3に対応した新しいデジタル施策に取り組むとのこと。

このリワードプログラムについて今回は詳細は語られなかったが、発言の中には「デジタルサードプレイスコミュニティ」や「デジタルコレクティブ」といった言葉も見られた。

シュワルツ氏は「新しいリワードプログラムと同社のエコシステムが統合することで、全く新しいデジタルネットワーク効果が生まれる」と述べており、これにより小売店の新規顧客開拓や既存顧客にも付加価値をもたらすことができると話している。

なおこの新施策については、来月9月13日に開催される同社の「投資家向け説明会」にて、その全貌を公開するとしている。

関連ニュース

スターバックス、年内にNFTビジネス参入

米国のスターバックスで販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報がブロックチェーンによって追跡可能に

アメックスとアブラ、暗号資産リワード付きクレカ発表

ロックファイ、BTCリワード機能付きVisaカード提供開始

スクエニが「ファイナルファンタジー」NFT同梱の物理トレカやフィギュア発表、ENJINのEfinity採用

参考:決算説明会議事録
デザイン:一本寿和
images:iStocks/martinrlee

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored