米国のスターバックスで販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報がブロックチェーンによって追跡可能に

米国のスターバックスで販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報がブロックチェーンによって追跡可能に

米国のスターバックスコーヒーの店舗で販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報が、ブロックチェーン技術によって追跡(トレーサビリティ)ができるようになったことを8月25日ブルームバーグが報じた

ブルームバーグによると、スターバックスの店舗でコーヒーを購入した顧客はコーヒー豆の袋に添付されているコードを読み取ることで、豆の生産地や焙煎元を確認することができ、さらにバリスタからそのコーヒーの淹れ方の情報を得ることができると、スターバックスのコーヒー・ココア・紅茶のグローバル事業部シニアバイスプレジデントであるMichelle Burns(ミシェル・バーンズ)氏が述べているとのこと。

また同氏は、今まで自分たちが生産したコーヒー豆がどのようにブレンド・販売されたのか知らなかった生産農家もコーヒー豆のサプライチェーン情報を確認することができるようになるとのことだ。

編集部のコメント

今回のこの取り組みはスターバックスが2018年3月にコロンビア・コスタリカ・ルワンダの農家と協力し、ブロックチェーンでコーヒーのサプライチェーンを追跡するプロジェクト「Bean to Cup(ビーン・トゥー・カップ)」によるものです。このプロジェクトはコーヒー豆のトレサビリティをはじめ、最終的にはユーザーとコーヒー農家を結び付け新しい経済機会を作ることを目的としています。なお、このプログラムはオープンソース化するとのことです。またスターバックスは2019年5月に「Bean to Cupプロジェクト」にMicrosoft社のBaaS(Backend as a Service)であるAzure Blockchain Serviceを導入することを発表しており、今回発表されたトレーサビリティシステムにはAzure Blockchain Serviceが利用されています。

また今回のニュースと同じコーヒートレーサビリティシステムとして「IBM Food Trust」を利用して開発された「FARMER CONNECT(ファーマーコネクト)」があります。「FARMER CONNECT」ではモバイルアプリ「Thank My Farmer(サンクマイファーマー)」を使用することで消費者がコーヒーのトレーサビリティを行い「FARMER CONNECT」上で繋がっているコーヒーの生産者に対し、チップや感謝の気持ちを送ることも可能です。「Thank My Farmer」の開発にはBeyers Koffie、The Colombian Coffee Growers Federation(FNC)、伊藤忠商事をはじめとした、大手グローバルサプライチェーン企業9社が参画をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/robtek)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ジャックドーシー「ビットコインが創業前にあればツイッターは今と違った」、イーロンマスクらと暗号資産の可能性語る

暗号資産イノベーション評議会(Crypto Council for InnovationI)主催のカンファレンス「The B Word」で、スクエア兼ツイッターCEOのジャック・ドーシー、テスラ兼スペースエックス創業者のイーロン・マスク、アーク・インベストCEOのキャッシー・ウッド氏が7月21日に登壇し、ディスカッション

【7/21の話題】蒼井そらがバイナンスでNFT、FTXがソフトバンクらから資金調達など(音声ニュース)

蒼井そら、バイナンスNFTで書道アートをオークション販売。7月22日から、暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ、欧州委員会が暗号資産の移転にFATFのトラベルルールを適用する法案を提出、NFTマーケットプレイスOpenSea、a16zやShopify創業者らから約110億円調達しユニコーン企業へ、サークル米ドルステーブルコイン「USDC」の準備資産開示、監査法人が証明業務実施、コンコーディウムが開発者助成金プログラム発表、マスターカードが暗号資産支払い簡略化テスト、サークルやパクソスと協力、フィデリティが機関投資家によるデジタル資産への投資に関するレポートを公開、エンジン、SDGs推進の国連グローバルコンパクトに参加、Karura(KAR)がクラーケンに上場、韓国CBDCパイロットプログラムにカカオ子会社、今夜イーロンマスク、ジャックドーシー、キャシーウッドらがイベント「The B Word」に登壇、卓球プロチーム琉球アスティーダがFiNANCiEでクラブトークン発行、三菱商事ファッションがトレードワルツをトライアル利用、アパレル業界初、クリプトゲームスのNFTStudio、二次流通機能追加

Sponsored