米国のスターバックスで販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報がブロックチェーンによって追跡可能に

米国のスターバックスで販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報がブロックチェーンによって追跡可能に

米国のスターバックスコーヒーの店舗で販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報が、ブロックチェーン技術によって追跡(トレーサビリティ)ができるようになったことを8月25日ブルームバーグが報じた

ブルームバーグによると、スターバックスの店舗でコーヒーを購入した顧客はコーヒー豆の袋に添付されているコードを読み取ることで、豆の生産地や焙煎元を確認することができ、さらにバリスタからそのコーヒーの淹れ方の情報を得ることができると、スターバックスのコーヒー・ココア・紅茶のグローバル事業部シニアバイスプレジデントであるMichelle Burns(ミシェル・バーンズ)氏が述べているとのこと。

また同氏は、今まで自分たちが生産したコーヒー豆がどのようにブレンド・販売されたのか知らなかった生産農家もコーヒー豆のサプライチェーン情報を確認することができるようになるとのことだ。

編集部のコメント

今回のこの取り組みはスターバックスが2018年3月にコロンビア・コスタリカ・ルワンダの農家と協力し、ブロックチェーンでコーヒーのサプライチェーンを追跡するプロジェクト「Bean to Cup(ビーン・トゥー・カップ)」によるものです。このプロジェクトはコーヒー豆のトレサビリティをはじめ、最終的にはユーザーとコーヒー農家を結び付け新しい経済機会を作ることを目的としています。なお、このプログラムはオープンソース化するとのことです。またスターバックスは2019年5月に「Bean to Cupプロジェクト」にMicrosoft社のBaaS(Backend as a Service)であるAzure Blockchain Serviceを導入することを発表しており、今回発表されたトレーサビリティシステムにはAzure Blockchain Serviceが利用されています。

また今回のニュースと同じコーヒートレーサビリティシステムとして「IBM Food Trust」を利用して開発された「FARMER CONNECT(ファーマーコネクト)」があります。「FARMER CONNECT」ではモバイルアプリ「Thank My Farmer(サンクマイファーマー)」を使用することで消費者がコーヒーのトレーサビリティを行い「FARMER CONNECT」上で繋がっているコーヒーの生産者に対し、チップや感謝の気持ちを送ることも可能です。「Thank My Farmer」の開発にはBeyers Koffie、The Colombian Coffee Growers Federation(FNC)、伊藤忠商事をはじめとした、大手グローバルサプライチェーン企業9社が参画をしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/robtek)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】他社発行の暗号資産が法人課税の対象外に調整、グレイスケールの現物イーサリアムETF承認延期など

暗号資産の法人期末課税、他社発行分を対象外に調整へ。24年度税制改正に向け=日経、米SEC、グレイスケールの現物イーサリアムETFの承認判断を延期、コインベースウォレット、InstagramやTikTok等にUSDC送金可能に、ビットトレードにSAND・AXS・MKR・DAI・MATIC上場へ、南米最大デジタル銀行Nubank、Circle及びTalosと提携、ブラックロックのビットコインETF、シード資金で約1,473万円の調達、米SEC、テラ訴訟で暗号資産の証券性判断は「陪審ではなく裁判官が行うべき」と主張、南米最大デジタル銀行Nubank、Circle及びTalosと提携、電通とTOPPANがWeb3ウォレットの実証実験、アバターUI市場の可能性探る

Sponsored

米SEC、テラ訴訟で暗号資産の証券性判断は「陪審ではなく裁判官が行うべき」と主張

昨年5月に暴落した暗号資産(仮想通貨)「テラ:Terra(LUNA:ルナ)」の発行元であるテラフォームラボ(Terraform Labs)に対する民事訴訟で、同社が提供・販売する暗号資産(仮想通貨)が有価証券か否かの判断は陪審ではなく裁判官が判断する事項だと、米証券取引委員会(SEC)が主張している

コインベースウォレット、InstagramやTikTok等にUSDC送金可能に

web3ウォレット「コインベースウォレット(Coinbase Wallet)」から、インスタグラム(Instagram)やティックトック(TikTok)等のアプリユーザーへ米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」が送金可能になったという。同ウォレット提供の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が12月6日発表した