書籍『ブロックチェーンがひらく「あたらしい」経済』が本日8月26日発売開始!

書籍『ブロックチェーンがひらく「あたらしい」経済』が本日8月26日発売開始!

本日8月26日、書籍ブロックチェーンがひらく「あたらしい経済」が発売開始した。

この書籍は「ブロックチェーンインテグレーターとして社会にブロックチェーンを実装する」ことをミッションとして掲げるブロックチェーンテクノロジーカンパニー「chaintope」のメンバーが執筆を行った。

書籍ではブロックチェーン技術の仕組みに加えて、現在の日本で動き出している地域コイン、電力の価値証明、流通トレーサビリティ、不動産の権利証明、IoTとの連携など様々な領域のブロックチェーン活用事例を紹介している。

大きな社会変革をもたらすブロックチェーン技術を、具体的にどのように様々なビジネスや産業で活用していくべきか。あらゆる業界のビジネスパーソンが知るべきブロックチェーンの知識とビジネス活用事例が学べる一冊となっている。

『ブロックチェーンがひらく「あたらしい経済」』の序章試し読みはこちら

書籍発売記念インタビューはこちら

編集:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Kateryna-Bereziuk)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/18話題】UST・LUNA発行元の法務担当辞任、G7が暗号資産規制を議論かなど(音声ニュース)

UST・LUNAのテラフォームラボ、渦中に法務担当3名が辞任か、G7財務相会議で暗号資産規制を議論か、仏中銀総裁が発言、ロビンフッド、暗号資産ウォレットアプリ開発へ、EYとPolygon、パブリックチェーン向けサプライチェーントレーサビリティサービス、アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ、パクソスとステートストリートが提携、株式決済インフラ試験統合、米ユニバーサルミュージック全アーティスト、LimeWireでNFT販売可能に、フットサルFリーグ「名古屋オーシャンズ」、FiNANCiEでトークン発行、USTのテラフォームラボCEO、テラ(LUNA)ハードフォーク第2案を提案、Twitch共同創業者設立web3企業メタセオリー、a16zらから約31億円調達、ソラナ財団主催イベント「Solana Hacker House」が東京で開催へ

Sponsored

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』をNFT化し世界展開へ

アニモカブランズジャパンが、IGポートのグループ企業プロダクション・アイジー(Production I.G )およびウィットスタジオよりライセンス許諾をうけ、同社らが制作するアニメーション作品のNFT活用をグローバル展開することが分かった