ConsenSys(コンセンシス)がJPモルガン開発のエンタープライズブロックチェーン「Quorum(クォーラム)」を買収

ConsenSys(コンセンシス)がJPモルガン開発のエンタープライズブロックチェーン「Quorum(クォーラム)」を買収

ブロックチェーンソフトウェア企業のConsenSys(コンセンシス)がJ.P.Morganが開発したEthereum(イーサリアム)のエンタープライズブロックチェーンQuorum(クォーラム)を買収したことを発表した。今回の買収によりConsenSysはQuorumの製品、サービス、サポートをフルレンジで提供できるようになり、デジタルアセット機能や文書管理などの機能の利用可能性を加速させるとのこと。

J.P. MorganとConsenSysはEnterprise Ethereumのリーディングカンパニーとして、Enterprise Ethereum Alliance(EEA)の設立主導やMainnet EthereumクライアントであるHyperledger Besu(ハイパーレッジャーベイス)のLinux Foundation(リナックスファウンデーション)への導入を支援、komgo(コムゴ)やCovantis(コヴァンティス)などのQuorum上に構築された業界向けアプリケーションの共同開発など長く協力関係を築いてきた。

J.P. Morganのブロックチェーン担当グローバルヘッドであるUmar Farooq(ウマル・ファルーク)氏は「Quorumの設立は独自のブロックチェーンプロトコルを開発するという点でも、開発者コミュニティのためのオープンソースソフトウェアを開発するという点でも、J.P. Morganにとっては初めてのことでした。我々は過去数年間のQuorumの利用を非常に誇りに思っており、このビジョンを推進するパートナーとしてConsenSysを迎えることに興奮しています」とコメントしている。

ConsenSysの創設者兼CEOでEthereumの共同開発者であるJoseph Lubin(ジョセフ・ルービン)氏は「Ethereumの最初のブロックが採掘され、ConsenSysが設立される前から、私たちはJ.P. Morganと協力してEthereumの概念実証や本番システムの開発を行ってきました。またHyperledger BesuをベースにしたエンタープライズEthereumクライアントをQuorumと統合し、世界中のQuorumのインストールをサポートできることを楽しみにしています。J.P. Morganとの多面的なパートナーシップを長年にわたって継続し、エンタープライズとメインネットの互換性の時代を切り開くことを楽しみにしています」とコメントしている。

今後ConsenSysは、既存のプロトコルエンジニアリングロードマップをQuorumに統合し、両方のコードベースの利点を活用していくとのこと。ConsenSysのすべてのエンタープライズEthereumプロトコル技術はConsenSys Quorumブランドの下に置かれ、開発者は基礎となる技術スタックを選択することができるようになる。またQuorumはオープンソースのままで分散型金融サービスCodefiなど、ConsenSysの他の主要なブロックチェーンプロダクトとの相互運用が可能になるとのことだ。

編集:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Aleksei_Derin・dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

PerfumeのNFTアート、DBS銀行が貿易金融プラットフォーム提供開始などのニュース解説ラジオ

Perfume、NFTアートのリリース発表、シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始、バイナンスの株式トークン、香港及び欧州規制当局が調査か、SBIトレーサビリティ株式会社が新設、ブロックチェーン活用のトレーサビリティ・サービス等を提供しSDGsに貢献、EYが特許取得、ブロックチェーンを適用しサプライチェーンマネジメントを高度化(パートナー荻生泰之氏コメントあり)、コインベースプロにてテザー(USDT)が上場へ、NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供、NFTマーケットプレイス「ユニマ」が事前登録の受付開始、杉田陽平氏のアートや山口周氏の書籍が販売へ、日本初のNFTバーチャルスニーカー、発売から9分で完売、コインチェックとゲームエイトがNFT事業において連携開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」と財務・管理会計システム「Gtax」が提携、公認アーティストにNFT販売レポート機能提供

NFTマーケットプレイス「nanakusa(ナナクサ)」を運営するする株式会社スマートアプリと暗号資産(仮想通貨)の財務・管理会計ソフト「Gtax(ジータックス)」を提供する株式会社Aerial Partnersが提携し、nanakusa公認クリプトアーティスト向けに「Gtax for Creators」を提供することを4月22日発表した。

シンガポールDBS銀行、オーストラリア・中国・香港・シンガポールの顧客向けに貿易金融プラットフォーム提供開始

シンガポールのDBS銀行が、アジア太平洋地域の主要な貿易拠点における貿易金融のデジタル化を推進するため、貿易金融プラットフォーム「Contour」の提供を法人顧客に拡大したことを発表した。サービス展開を拡大するアジア太平洋地域の主要な貿易拠点は、オーストラリア、中国、香港、シンガポールだ。