ブロックファイ、BTCリワード機能付きVisaカード提供開始

ブロックファイ、BTCリワード機能付きVisaカード提供開始

米暗号資産(仮想通貨)貸付サービス企業ブロック・ファイ(BlockFi)がビットコインリワード機能付きのVisaクレジットカードの提供開始を7月6日発表した。

ブロック・ファイが米国にて提供開始した「BlockFi Rewards Visa® Signature Card」は、昨年12月より事前登録の受付を開始しており、今年春に提供する予定であった。今回ベータテストが成功したことから米国のウェイティングリスト登録者に順次カードの提供を開始しているという。なおリリースによるとウェイティングリストには40万人近くが集まったとのことだ。

この「BlockFi Rewards Visa® Signature Card」を利用することで、カードの会員は買い物のたびに利用額の1.5%のビットコイン還元を受けられる。利用開始直後の90日間については3.5%の還元率となるようだ。さらに年間50,000ドル以上の利用をすることで、還元率は2%になるとのこと。なおビットコインのリワードはカード会員のブロック・ファイのアカウント(BlockFi Interest Account:BIA)に振り込まれる。

また今回の発表では新たに「ステーブルコインボーナス」「取引ボーナス」「友達紹介ボーナス」の特典の提供が明らかになった。

「ステーブルコインボーナス」では、BIAにGUSD、PAX、USDCなどのステーブルコインを保有し貸付を行っているカード会員は、元々のAPY(年利)に加えて最大2%のAPYが加算されるとのこと。カード入会初年度については日々のステーブルコイン残高に基づいて最大200ドルが加算され、ビットコインにて支払いが行われるとのこと。

また「取引ボーナス」では、ブロック・ファイにて対象となる暗号資産を取引したカード会員に対し、その取引量の0.25%がビットコインで還元され、毎月最大500ドルのビットコインを得られるとのことだ。

「友達紹介ボーナス」では、友人を紹介したカード会員は4名までの紹介で40ドル相当のビットコイン、5名以上からは最大50ドル相当のビットコインを獲得できる。なお紹介できる人数と獲得できるビットコインの額には制限がないとのことだ。

なお「BlockFi Rewards Visa® Signature Card」は年会費を設けていない。

関連ニュース

米暗号資産貸付サービス企業ブロック・ファイ(BlockFi)がビットコインリワード機能付きのVisaクレジットカードの登録受付開始 

参考:ブロック・ファイ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac・inkoly

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。