イスラエル次期大統領にNFT化した大統領宣誓書、38年前の父の宣誓を継承

イスラエル次期大統領にNFT化した大統領宣誓書、38年前の父の宣誓を継承

イスラエル議会が大統領宣誓書の原案をNFT化して発表したと7月7日に地元メディアynetが報じた。この大統領宣誓書はアイザック・ヘルツォーク(Isaac Herzog)次期大統領が就任する前に渡されるものとなっている。

これは38年前にアイザック次期大統領の父、第6代大統領ハイム・ヘルツォークによって署名された宣誓草案をNFTにしたものとのこと。

報道によれば、イスラエルの統治機関であるクネセト(Knesset)の議長が次期大統領に宣誓書の物理的なコピーとそのNFTの両方を手渡する予定とのことだ。

クネセトで議長を務めるマイケル・レビー氏は「ヘルツォーク次期大統領に、38年前に署名した宣誓の文言を含んだヘルツォーク氏の父親からの特別な思い出をプレゼントできることに感激しています」とynetに答えている。

このNFTは次期大統領が管理を行い、暗号資産ハードウェアウォレット上で保管されるとのことだ。

参考:ynet
images:iStocks/NatanaelGinting
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した