イスラエル次期大統領にNFT化した大統領宣誓書、38年前の父の宣誓を継承

イスラエル次期大統領にNFT化した大統領宣誓書、38年前の父の宣誓を継承

イスラエル議会が大統領宣誓書の原案をNFT化して発表したと7月7日に地元メディアynetが報じた。この大統領宣誓書はアイザック・ヘルツォーク(Isaac Herzog)次期大統領が就任する前に渡されるものとなっている。

これは38年前にアイザック次期大統領の父、第6代大統領ハイム・ヘルツォークによって署名された宣誓草案をNFTにしたものとのこと。

報道によれば、イスラエルの統治機関であるクネセト(Knesset)の議長が次期大統領に宣誓書の物理的なコピーとそのNFTの両方を手渡する予定とのことだ。

クネセトで議長を務めるマイケル・レビー氏は「ヘルツォーク次期大統領に、38年前に署名した宣誓の文言を含んだヘルツォーク氏の父親からの特別な思い出をプレゼントできることに感激しています」とynetに答えている。

このNFTは次期大統領が管理を行い、暗号資産ハードウェアウォレット上で保管されるとのことだ。

参考:ynet
images:iStocks/NatanaelGinting
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored