イスラエル次期大統領にNFT化した大統領宣誓書、38年前の父の宣誓を継承

イスラエル次期大統領にNFT化した大統領宣誓書、38年前の父の宣誓を継承

イスラエル議会が大統領宣誓書の原案をNFT化して発表したと7月7日に地元メディアynetが報じた。この大統領宣誓書はアイザック・ヘルツォーク(Isaac Herzog)次期大統領が就任する前に渡されるものとなっている。

これは38年前にアイザック次期大統領の父、第6代大統領ハイム・ヘルツォークによって署名された宣誓草案をNFTにしたものとのこと。

報道によれば、イスラエルの統治機関であるクネセト(Knesset)の議長が次期大統領に宣誓書の物理的なコピーとそのNFTの両方を手渡する予定とのことだ。

クネセトで議長を務めるマイケル・レビー氏は「ヘルツォーク次期大統領に、38年前に署名した宣誓の文言を含んだヘルツォーク氏の父親からの特別な思い出をプレゼントできることに感激しています」とynetに答えている。

このNFTは次期大統領が管理を行い、暗号資産ハードウェアウォレット上で保管されるとのことだ。

参考:ynet
images:iStocks/NatanaelGinting
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ