バイナンスのCZ、各国の規制へのスタンスや方針に関する文書公開

バイナンスのCZ、各国の規制へのスタンスや方針に関する文書公開

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の創業者兼CEOであるCZ(Changpeng Zhao)氏が、7月7日に創業からの取り組みや、現状の規制環境、今後の方針などをまとめた文書を公開した。

その文書では、「バイナンスは業界に明確なガイドラインが存在する以前から、ユーザーの最善の利益を優先するために、常に最高水準のサービスが提供できるようにに運営してきた」と説明されている。

厳しい基準で運営してきたのは、世界中の規制当局と状況などを共有する目標があるからとのことだ。

具体的には厳格なインサイダー取引ポリシー(30日以内にあらゆる資産の活発な取引を行わない)、ユーザー資産を保護するためのSAFU(Secured Asset Emergency Fund)、厳格な上場基準と上場チームを分離するためのファイアウォールなどを説明している。

SAFUとは取引所にてユーザー資産に大きな損失が出た場合に備えているファンドのことである。

またあらゆるバックグラウンドのユーザーに対して、十分な情報を得た上で暗号資産に関する投資の意思決定を行えるよう、チュートリアルやバイナンス・アカデミーを通じた教育リソースに早い段階から投資してきているとのことだ。

そしてバイナンスはこれまで、米国内国歳入庁(IRS)、英国南東地域組織犯罪ユニットなどの法執行機関と協力して、マネーロンダリング、テロリストの資金調達、詐欺などのサイバー犯罪を取り締まることで、ユーザーを保護してきたとのこと。

2021年には、これまでに5,600件の調査依頼の支援を完了しており、これは2020年と比較して100%の増加となったようだ。最近では、ダークウェブでの活動や著名なサイバー攻撃によって5億ドル以上の損害賠償金を洗浄した、多額のサイバー犯罪組織の摘発を支援したとのこと。

また現状の規制動向について、CZ氏は「長期的には法規制の枠組みが整備されることは、誰もが日常生活の中で暗号資産を必要不可欠なものとするための強固な基盤にするために重要である」との考えを示している。

なおCZ氏は、暗号資産の始まりと自動車産業の始まりの類似点を例に挙げ「自動車が発明された当初は交通法規も信号機も、安全ベルトさえもなかったけれど、車が道路を走る中で、法律やガイドラインが作られていった」と説明している。

そして今後の方針について、CZ氏は「1.国際的なコンプライアンスチームの拡大、2.すでにあるコンプライアンス・パートナーシップを強固にすること、3.現地の規制を遵守するために、オペレーションとビジネスをローカライズすること」に力を注いでいくとのことだ。

参考:バイナンス
images:iStocks/Anastasiia-Makarevich
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored