野村證券らのコマイヌ、UAE初の機関投資家向けデジタル資産カストディの仮承認取得

「Komainu」、UAEで規制当局の仮承認取得

機関投資家向けにデジタル資産のカストディサービスを提供するコマイヌ(Komainu Holdings Limited)が、ドバイ首長国の暗号資産規制当局(VARA)から規制の暫定承認を受けたことが7月27日分かった。これによりコマイヌは、ドバイを含むアラブ首長国連邦(UAE)において初の機関投資家向けデジタル資産カストディ(保管)サービス提供に向け、運用準備ができるようになった。

コマイヌは野村證券、デジタル資産セキュリティ会社のレジャー(Ledger)、デジタル資産マネージャーのコインシェアーズ(CoinShares)のジョイントベンチャーだ。

またVARAは、今年3月9日に公布されたドバイ暗号資産規制法により設置された暗号資産事業に関する規制当局だ。ドバイを含むアラブ首長国連邦(UAE)の暗号資産サービスプロバイダーのライセンス発行やコンプライアンス体制監督をする他、暗号資産取引所とサービスプロバイダーを規制して消費者保護を確保している。

今回の件についてVARA会長のヘラル・サイード・アルマリー(Helal Saeed Almarri)氏は「コマイヌがVARAの体制に参画したことは、業界が信頼と信用を得ており、野村證券のような伝統のある金融業界のリーダーから強い支持を得ていることを意味しています。このような世界的な金融機関の賛同と積極的な参加は、デジタル資産が金融の未来に不可欠であることを示すだけでなく、この業界が経済的な躍進を働きかける可能性を示しています。ドバイはVARAのデジタル資産エコシステムにコマイヌのような信頼できる企業を迎えることができ、嬉しく思っています」と語っている。

関連ニュース

野村証券らのKomainu、暗号資産運用利回りサービス提供開始

野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ

NRIがKomainuへ2億円出資、野村HDらのデジタル資産カストディKomainuがシリーズAで約27億円調達

野村HDらの「Komainu(コマイヌ)」がイギリスの警察署にデジタル資産カストディソリューションを提供

野村證券らのジョイントベンチャー「Komainu」がヨーロッパデジタル資産運用企業Coinsharesのカストディアンへ

参考:Komainu
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Kesu01・boku0203

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資