JASRACが楽曲情報管理にブロックチェーン、「KENDRIX」

JASRACが「KENDRIX」クローズドβ版リリース

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、ブロックチェーン技術を活用した存在証明機能を備える楽曲情報管理システム「KENDRIX(ケンドリクス)」のクローズドβ版を6月28日にリリースしたことが分かった。

発表によると「KENDRIX」は、音楽クリエイターが安心して楽曲を発表でき、適正な対価還元を受けるための各種手続きのハードルを下げることを目的としたクリエイターDXプラットフォームとのこと。

音源ファイル等を「KENDRIX」に登録すると、「音源ファイルのハッシュ値」、「タイムスタンプ」、「ユーザー情報、タイトルとバージョンの情報」がブロックチェーンに登録されるという。なお制作途中の音源でも登録が可能で、また一つの楽曲情報に対し、複数の音源ファイルを登録して、バージョン管理することも可能だという。

これらにより「KENDRIX」では、ある音源ファイルを誰がいつの時点で所有していたのか、という事実を客観的に証明することができるとのこと。またブロックチェーンに登録された情報を表示する「存在証明ページ」の公開も出来るとのことだ。

JASRACは「KENDRIX」について、「動画配信プラットフォームやSNSで楽曲を公開する際に、存在証明ページの公開用URLを添えることで、存在証明を取得している音楽クリエイターであることが第三者に伝わり、不正利用の抑止力となることが期待されます」と説明している。

今後については合計10組程度の音楽クリエイターが、テストユーザーとしてクローズドβ版を使用する予定とのこと。テストユーザーによるレビューとフィードバックを得て、10月に正式サービスとして開始する予定だという。なお正式サービス版では誰でも無料で使えるとのことだ。

「あたらしい経済」編集部がJASRAC広報担当者へ取材したところ、「KENDRIXはあくまでもクリエイター支援を目的としたもので、現状ではマネタイズを考えて開発されたものでない」とのコメントを得た。

JASRACによると、DIYクリエイターと呼ばれる、楽曲制作からマーケティング、ディストリビューションまでを自ら行う個人の音楽クリエイターが近年増加しており、そのDIYクリエイターには自身の楽曲の無断利用や、なりすまし公開に対する対抗手段がないという課題があるとのこと。また著作物使用料分配の仕組みやJASRACとの管理委託契約・楽曲登録が複雑・煩雑で、既存の著作権管理システムの利用はハードルが高いという課題があるとJASRACは説明している。

JASRACは、これらの課題解決に向けて「KENDRIX」の開発に着手したとの事だった。

なお「KENDRIX」に採用されているブロックチェーンについて、現在JASRAC広報担当者へ確認を取っている。返答があり次第この記事に追記させていただく予定だ。

2022.6.29 18:50追記

「KENDRIX」はAmazon Managed Blockchain(アマゾンマネージドブロックチェーン)サービスを利用して、エンタープライズ向けブロックチェーンの「Hyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)」で構築したとのことだ。

関連ニュース

JASRACがブロックチェーンを活用した音楽作品情報の登録と共有に関する実証実験開始

JASRAC、ブロックチェーン活用の楽曲情報管理ツールの実証実験

ハイブマインドとアルゴランド(ALGO)、音楽配信「ナップスター」買収

音楽NFTマーケットプレイス「Royal」、チェインスモーカーズやa16zらから約63億円調達

アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も

デザイン:一本寿和
images:iStocks/noLimit46・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored