カストディの「PolySign」約72億円調達、機関投資家向けサービス強化へ

デジタル資産カストディPolySignが約72億円調達

金融機関向けのデジタル資産カストディサービスの開発を行うポリサイン(PolySign)が、シリーズCラウンドにて5300万ドル(約72億円)の資金調達を完了したことを6月28日に発表した。

今回の資金調達にはコーウェン・デジタル(Cowen Digital)、ブレバン・ハワード(Brevan Howard)、GSRなどが参加したとのこと。また資金調達の他に2500万ドル(約34億円)の融資枠をボートハウス・キャピタル(Boathouse Capital)から獲得したとのことだ。

ポリサインは機関投資家のデジタル資産市場への参入を市場拡大の鍵と捉えており、今後はセキュリティと規制の両方の観点から高い基準を満たすカストディーソリューションの提供を目指すとのことだ。

ポリサインは機関投資家向けサービスの拡充のために今年4月に機関投資家向けデジタル資産管理会社であるMGストーバー(MG Stover)を買収している。MGストーバーが持つカストディサービスの顧客基盤と、ポリサインのブロックチェーン関連技術を組み合わせることにより、機関投資家に対してセキュリティの高いファンド管理サービスを提供していくとのことだ。

ポリサインのCEOジャック・マクドナルド(Jack MacDonald)氏は以下のようにコメントしている。

「デジタル資産分野の未来を形成する上で機関投資家が担う役割は、決して軽視できるものではありません。市場のボラティリティは、機関投資家の参入を妨げる最大の障害であるセキュリティの問題をしばしば覆い隠してきました。今回の資金調達ラウンドと大手金融機関からの支援、そして先日のMGストーバー社の買収により、ポリサインのソリューションは、デジタル資産の世界を機関投資家にとってより魅力的なものにし、従来の金融から分散型金融への移行を加速していきます」

関連ニュース

ソラナのNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約177億円調達=報道

【取材】Web3時代のチャレンジャーバンク目指す、ナッジが累計25億円調達

Vendia、BMWらから約39億円資金調達

パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立

アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ

参考:PolySign
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TaiChesco・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored