DAOのバックオフィス機能開発のユートピアラボ、約30億円調達

DAOのバックオフィス機能開発のユートピアラボ、約30億円調達

DAOのバックオフィス機能を開発するユートピアラボ(Utopia Labs)が、シリーズAラウンドで2,300万ドル(約30億)の資金調達を行なったことが5月31日に分かった。調達資金は、人材採用やバックオフィス機能追加のために活用していくという。

ユートピアラボは昨年創業して以来、OlympusDAO、Lido、Yield Guild Games、Pleasr DAOなど100以上のDAOのバックオフィスサポートを行ってきたという。

現在、ユートピアラボはDAOのコントリビューター(参加者)への給与払い、マネジメント、ガス代(手数料)無しの取引などに関する機能を開発・提供している。コントリビューターを管理するためのダッシュボードおよびコンプライアンスに関するツールは、準備中。なお調達した資金を活用して、トークンベスティング、帳簿などの経理、マネジメントツール、トレジャリーやトークン運用などの機能を追加していく予定だ。

また今回の資金調達は、パラダイム(Paradigm)がリードし、コインベースベンチャーズ(Coinbase Ventures)、サークルベンチャーズ(Circle Ventures)、インフィニティ・ベンチャー・クリプト(Infinity Ventures Crypto)、Yield Guild Gamesなど多くの投資家が参加した。

関連ニュース

イーサリアムL2のOptimism、OPトークンのエアドロップ開始

米コインベース、イーサリアムL2「Optimism(OP)」上場へ

【取材】ガウディがweb3メタバース事業開発に25億円調達。バンダイナムコ、KDDI、SBIから

テラ(LUNA)の新ブロックチェーン「Terra2.0」稼働開始

LINE証券がSTOサービス提供へ、クオーラム基盤「ibet for Fin」で

参考:Utopia
デザイン:一本寿和

images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察