DAOのバックオフィス機能開発のユートピアラボ、約30億円調達

DAOのバックオフィス機能開発のユートピアラボ、約30億円調達

DAOのバックオフィス機能を開発するユートピアラボ(Utopia Labs)が、シリーズAラウンドで2,300万ドル(約30億)の資金調達を行なったことが5月31日に分かった。調達資金は、人材採用やバックオフィス機能追加のために活用していくという。

ユートピアラボは昨年創業して以来、OlympusDAO、Lido、Yield Guild Games、Pleasr DAOなど100以上のDAOのバックオフィスサポートを行ってきたという。

現在、ユートピアラボはDAOのコントリビューター(参加者)への給与払い、マネジメント、ガス代(手数料)無しの取引などに関する機能を開発・提供している。コントリビューターを管理するためのダッシュボードおよびコンプライアンスに関するツールは、準備中。なお調達した資金を活用して、トークンベスティング、帳簿などの経理、マネジメントツール、トレジャリーやトークン運用などの機能を追加していく予定だ。

また今回の資金調達は、パラダイム(Paradigm)がリードし、コインベースベンチャーズ(Coinbase Ventures)、サークルベンチャーズ(Circle Ventures)、インフィニティ・ベンチャー・クリプト(Infinity Ventures Crypto)、Yield Guild Gamesなど多くの投資家が参加した。

関連ニュース

イーサリアムL2のOptimism、OPトークンのエアドロップ開始

米コインベース、イーサリアムL2「Optimism(OP)」上場へ

【取材】ガウディがweb3メタバース事業開発に25億円調達。バンダイナムコ、KDDI、SBIから

テラ(LUNA)の新ブロックチェーン「Terra2.0」稼働開始

LINE証券がSTOサービス提供へ、クオーラム基盤「ibet for Fin」で

参考:Utopia
デザイン:一本寿和

images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した