NFTサッカーゲームの「Sorare」がMLBと提携、NFT野球ゲームリリースへ

「Sorare」がMLBと提携でNFT野球ゲームリリースへ

NFTを利用したファンタジーフットボールゲームを提供するソーレア(Sorare)が、米メジャーリーグベースボール(MLB)及び米メジャーリーグベースボールプレーヤーズ(MLB Players)と提携したことが5月12日分かった。なおソーレアがサッカー以外のスポーツリーグと提携するのは初となるようだ。

この提携により、NFTを活用した野球ゲーム「MLBゲーム」を今年の夏にリリースするとのこと。

このゲームは、ファンがメジャーリーガー代表NFTでチームを作成し、野球の試合中に選手やクラブ、リーグと繋がることを目的としており、無料でもプレーできるとのことだ。

なおゲームの詳細については、夏の発売に向けて順次発表予定としている。

パリを拠点に2018年に設立されたソーレアは、プレイヤーがサッカー選手の公式ライセンスカードを購入し、そのカードでチームを作って対戦するオンラインゲームだ。現実の試合での選手のパフォーマンスに基づいて結果が決まる仕組みになっている。これらカードはすべてNFTとして取引がされている。

ソーレアは今年3月、北米のメジャーリーグサッカー(MLS)と提携し、MLS所属全選手の公式NFTカードの販売を発表している。またスペインのラ・リーガやドイツのブンデスリーガとの提携も行っている。

昨年9月には、ソフトバンク(SoftBank)が主導する資金調達ラウンドにて6.8億ドル(約745.2億円:当時価格)を調達しており、企業価値が43億ドル(約4,713億円:当時価格)になったとされている。

国内においても昨年8月よりコインチェックが提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」にて、ソーレアの取扱いが開始されている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

NFTサッカーゲーム「Sorare」、北米メジャーリーグサッカーと提携

英賭博規制当局がNFTサッカーゲーム「Sorare」を捜査、Sorareは規制該当を否定

NFTサッカーゲーム「Sorare」、独ブンデスリーガと提携

ソフトバンク、NFTサッカーゲーム「Sorare」の約745億円調達を主導

NFTサッカーゲーム「Sorare」、スペイン国内リーグ全選手のデジタルカード発行へ

参考:ソーレア
デザイン:一本寿和
images:iStocks/AlbertoChagas

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない