日本酒「梵」の不正流通をブロックチェーンで防ぐ、SBIとサトー

コルダとNFC/RFID利用で日本酒の不正流通防止

SBIトレーサビリティが、同社提供のトレーサビリティサービス「SHIMENAWA」で、日本酒の不正な流通を防ぐ新たな機能を追加したことを発表した。「SHIMENAWA」は米R3開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Corda)」が採用されている。

またこの新機能には自動認識ソリューションの製造販売などを行う国内企業、サトーのNFC/RFID技術のデジタルペアリングが活用されている。

そしてこの機能は、日本酒「梵」を代表する磨き2割の純米大吟醸「梵・超吟(BORN:Chogin):完全予約限定品」と、純米大吟醸「梵・夢は正夢(Born:Dreams Come True)」の2銘柄で先行導入されるとのこと。またその他銘柄については順次提供されていくようだ。

創業162年の加藤吉平商店が提供する「梵」は、国賓歓迎晩餐会や国際行事で数多く採用されるなど世界105ヶ国に輸出されている日本酒だ。海外市場では高級ウイスキーやワインなどの空き瓶が高値で売買され、その空き瓶を使った偽造品の流通がされており、「梵」についても偽造品が確認されているとのことだ。

今回の機能はそういった「商品偽造」の課題に対し、「コルダ」およびNFC/RFIDを利用したデジタルペアリングにて「梵」が未開封であることを確認できるようにするとのことだ。

具体的には、店頭で購入前未開栓の日本酒の瓶にスマホでタッチすることで、NFCタグから取得した情報とブロックチェーンの情報を照合し、デフォルト値と一致した場合に「SHIMENAWA」で「未開封」が表示される仕組みになっている。

また日本酒の購入後については、開栓後のボトルをスマホでタッチすることでNFCタグの情報が「開封済」に変わり、ブロックチェーン上でデフォルト値(=未開栓)が取得した情報に書き換わり「SHIMENAWA」上で「開封済」と表示されるとのこと。

さらに商品情報の他、ユーザーがスマホでタッチした日付情報もリアルタイムに「SHIMENAWA」の商流情報に可視化されるという。これにより真正性が高いことを証明するとのことだ。

「SHIMENAWA」は昨年9月に開発が発表されて以降、コンビニ大手ローソンが生産地情報を表示するプラットフォームとして採用している。ローソンでは中国上海の店舗で販売するおにぎりのパッケージにQRコードを添付し、それを「SHIMENAWA」で読み込むことで、おにぎりに使用される米の生産地情報をブロックチェーンで証明する取り組みが昨年12月から実施されている。

関連ニュース

日本産食品をブロックチェーンで追跡管理、SBIトレーサビリティが「SIMENAWA」開発

ローソン、上海店舗販売の「おにぎり」をブロックチェーンで米産地証明

【取材】ローソンがNFT参入、SBINFTと「LAWSON TICKET NFT」を提供へ

「あまおう」輸出をブロックチェーンで、chaintopeらのトレーサビリティ実証成功

伊藤忠、天然ゴムのブロックチェーントレーサビリティ 「PROJECT TREE」商用展開

参考:SBI
デザイン:一本寿和

images:iStocks/kuppa_rock・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored