バイナンスUS、プエルトリコで金融ライセンス取得

プエルトリコで金融商品取引業ライセンス取得

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の米国拠点バイナンスUS(Binance US)が、プエルトリコ(アメリカ合衆国プエルト・リコ自治連邦区)の金融機関委員会から金融商品取引業ライセンスを取得したことが4月19日分かった。

このライセンス取得は、米国ウェストバージニア州、コネチカット州、ワイオミング州に続き4つ目の管轄区域になるとのことだ。またバイナンスUSは、金融商品取引業ライセンスとパートナーライセンスを通じて、現在米国における45の州と7つの地域で運営されており、90以上のトークンリストを業界最低額で提供していると発表で述べている。

バイナンスUSのCEOブライアン・シュローダー(Brian Shroder)氏は、「暗号資産の購入や取引、獲得において米国を拠点とし、私たちの目標は50の州と地域の全てで最もコンプライアンスが高く、顧客本位の取引所を提供することです」と発表にて説明している。

バイナンスUSは今月18日、タイ最大の独立系発電企業ガルフエナジーデベロップメント(Gulf Energy Development)から、シリーズシードの優先株式で資金調達を実施したばかりで、今回の金融商品取引業ライセンスは資金調達後に取得したとのこと。

関連ニュース

バイナンスUS、タイ最大の電力大手から資金調達

バイナンスがタイ市場参入へ、暗号資産取引所設立に向け現地電力大手子会社と提携

バイナンスUSが約250億円調達、全米でのサービス展開目指す

バイナンス、仏スタートアップ施設のweb3支援に約140億円投資

バイナンス、UAEアブダビで金融ライセンス取得

参考:バイナンスUS
デザイン:一本寿和
images:iStock/Abscent84・mirza-kadic

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored