バイナンスUS、タイ最大の電力大手から資金調達

バイナンスUSがタイ最大の電力大手から資金調達を実施

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の米国拠点バイナンスUS(Binance US)が、タイ最大の独立系発電企業ガルフエナジーデベロップメント(Gulf Energy Development)から、シリーズシードの優先株式で資金調達を実施したことが4月18日分かった。なお調達額については明かされていない。

バイナンスは今年1月にタイで暗号資産取引所設立に向け、ガルフエナジーデベロップメントの子会社である、IT関連企業ガルフ・イノーバ(Gulf Innova Company)と覚書(MOU)を締結している。これにより両社は、タイにおける暗号資産取引所および関連事業の展開に向け共同で模索していくとしていた。

発表によるとバイナンスUSは今回調達した資金を、人員拡充やマーケティング活動、プロダクト拡大、将来的な買収の資金に充てる予定だという。そして2、3年後には米国でIPO(新規株式公開)を予定しているとのことだ。

またガルフエナジーデベロップメントは、同社の子会社であるガルフインターナショナルインベストメント(Gulf International Investment)を通じて、バイナンスの独自ブロックチェーンであるBNB ChainのネイティブトークンBNB(ビルドアンドビルド:旧バイナンスコイン)を購入したとのことだ。なお購入数量は不明だ。

バイナンスUSは今月6日、シードラウンドで2億ドル(約250億円)以上の資金調達を実施したことを発表していた。これにより企業評価額は45億ドル(約5500億円)になっていた。

関連ニュース

バイナンスがタイ市場参入へ、暗号資産取引所設立に向け現地電力大手子会社と提携

バイナンスUSが約250億円調達、全米でのサービス展開目指す

バイナンス、仏スタートアップ施設のweb3支援に約140億円投資

バイナンス、UAEアブダビで金融ライセンス取得

【取材】バイナンスがSTEPNに投資、年内にソーシャル機能実装も

参考:ガルフエナジーデベロップメント12
デザイン:一本寿和
images:iStock/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ