大阪デジタルエクスチェンジが開業に向け前進、「第一種金融商品取引業者」の登録完了

ODXが第一種金融商品取引業者の登録完了

セキュリティトークン(証券トークン)を取り扱う国内初のPTS(私設取引システム)の運営を目指す「大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(ODX)」が、4月18日付で第一種金融商品取引業者として登録された。登録番号は「関東財務局長(金商)第3328号」。

第一種金融商品取引業は証券業・金融先物取引業等のことで、流動性の高い有価証券の売買・勧誘・引受け・管理、店頭デリバティブ取引、PTS運営が含まれる。

今回ODXが第一種金融商品取引業者として登録されたことは、同社開業に向けた大きな前進となる。

同社は引き続き、株式のPTS運営に係る認可を取得し、運営の開始を目指すとしている。

「大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(ODX)」はSBIホールディングスと三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)が昨年4月共同設立した企業。昨年10月には野村ホールディングスおよび大和証券グループ本社が資本参加もしている。

以前のODXの発表によると2022年春を目処に上場株式の取扱いを開始し、その後セキュリティトークンの取扱いを開始する予定としている。なお当時「あたらしい経済」編集部がSBI担当者へ確認をとったところ、セキュリティトークンの取扱いは23年春を目指しているとのことだった。

関連ニュース

【取材追記】野村と大和、SBIとSMBC設立の「大阪デジタルエクスチェンジ」へ資本参加

SBIホールディングスとSMBCグループが「大阪デジタルエクスチェンジ株式会社」を共同で設立

日本取引所グループ、24年度末までにデジタル証券市場を創設へ

セキュリティトークン、STO市場は拡大するか?〜国内各社動向と事例から考察〜

【取材】ローソンがNFT参入、SBINFTと「LAWSON TICKET NFT」を提供へ

SBI子会社の英B2C2、世界初「暗号資産NDF取引」実施。シンガポールQCPと

参考:SBIHD
デザイン:一本寿和
images:iStock/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored