豪州初、ビットコインとイーサリアム現物ETFが4月27日より取引開始

ビットコインとイーサリアムの現物ETFが豪州で取引へ

オーストラリアでビットコイン(BTC)およびイーサリアム(ETH)の現物価格に連動するETF(上場投資信託)が、4月27日より取引開始となることが分かった。同国でビットコインとイーサリアムに関するETFが取り扱われるのは初の事例となるようだ。

オーストラリアの大手ETFプロバイダー、ETFセキュリティーズ(ETF Securities)とスイス拠点の資産運用会社21Shares(21シェアーズ)は4月19日、「ETFS 21Shares Bitcoin ETF(EBTC)」および「ETFS 21Shares Ethereum ETF(EETH)」を発表した。EBTCはオーストラリアドル建てのビットコイン現物価格に連動するETFで、EETHはオーストラリアドル建てのイーサリアム現物価格に連動するETFとなる。

両ETFはCboeオーストラリア(Cboe Australia:旧Chi-X Australia)に4月27日上場する予定だ。

ETFセキュリティーズのエグゼクティブチェアマンであるグラハム・タックウェル(Graham Tuckwell)氏は「EBTCとEETHは、投資家が独自でビットコインやイーサリアムのウォレットを構築・維持したり、リスクを管理をしたりする必要がなく、厳格な規制のもとで暗号資産を取引する方法を提供するものです」とリリースにて述べている。

なお両ETFが上場する同日には、オーストラリアのETFプロバイダーであるコスモスアセットマネジメント(Cosmos Asset Management)が販売するビットコインETFもCboeオーストラリアで取り扱い開始となることが報道されている。

このコスモスアセットのETFは、昨年2月よりトロント証券取引所(TSX)で取引開始した北米初のビットコイン現物ETF「Purpose Bitcoin ETF(BTCC)」に投資する信託とのことだ。

なおコスモスアセットは今年2月にBTCCを販売するパーパスインベストメント(PurposeInvestments)と提携を開始していた。

関連ニュース

バイデンが暗号資産関連の大統領令に署名、ビットコインや先物ETFが急騰

キャッシー・ウッド氏率いるアークインベスト、ビットコインETFをSECへ申請

グレイスケール初のETFがNY証券取引所で取引開始、コインベースなど22社のインデックスで運用

米SEC、2件のビットコイン現物ETFを非承認

【有識者解説】ビットコインETF、今注目すべきこと

参考:21Shares
デザイン:一本寿和
images:iStock/Fredex8

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored