グレイスケール初のETFがNY証券取引所で取引開始、コインベースなど22社のインデックスで運用

グレイスケール初のETF上場

米暗号資産(仮想通貨)運用会社グレイスケール(Grayscale Investments)初のETF(上場投資信託)が、ニューヨーク証券取引所(NYSE)で上場したことが分かった。

グレイスケール初のETF「Grayscale Future of Finance ETF(グレイスケール・フューチャー・オブ・ファイナンスETF)」はティッカーシンボル「GFOF」で2月1日より取引が開始している。

このETFは暗号資産の値動きを直接トラッキングせず、「Bloomberg Grayscale Future of Finance Index(ブルームバーグ・グレイスケール・フューチャー・オブ・ファイナンス・インデックス)」に基づき運用されるとのこと。

このインデックス(指数)は、今後2年以内にデジタル経済の成長と総売上に大きく貢献すると予測された企業のパフォーマンスをトラッキングしたものだ。

選出されている企業は「金融基盤」、「デジタル資産インフラ」、「技術ソリューション」の3つのカテゴリーに分けられており、コインベース(Coinbase)やシルバーゲートキャピタル(SilvergateCapital Corporation)、ロビンフッド(Robinhood Markets)、ペイパル(PayPal Holding)、ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital Holdings)、バックト(Bakkt Holdings)、ブロック(Block:旧スクエア)など22社。四半期毎にリバランスされる予定となっている。

なお現在グレイスケールでは、主要暗号資産によって構成されるファンド「グレースケール・デジタル・ラージ・キャップ・ファンド:Grayscale Digital Large Cap Fund(GDLC)」やDeFi(分散型金融)10銘柄で構成される「Grayscale DeFi Fund」も運用している。

関連ニュース

グレイスケールが大手銀行BNYメロンと提携、ビットコインETFの準備開始

グレースケールの暗号資産ファンドに、ソラナ(SOL)とユニスワップ(UNI)が追加

次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請

グレースケールの暗号資産ファンドに、ソラナ(SOL)とユニスワップ(UNI)が追加

参考:グレイスケール
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・kieferpix

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored