国際ホッケー連盟がNFTマーケットプレイス立ち上げへ、SIMBAと提携

国際ホッケー連盟とSIMBAがパートナーシップ締結

国際ホッケー連盟(FIH)がNFTマーケットプレイスを立ち上げることが3月29日分かった。

発表によるとFIHは、米インディアナ州に拠点を置くブロックチェーン企業SIMBA Chain(シンバ・チェーン)とパートナーシップを締結。SIMBAが提供する「SIMBAマーケット」内にてホワイトラベルの形式でNFTマーケットプレイスを立ち上げるとのことだ。なおSIMBAのツイッターによると近日中のリリースとなるようだ。

SIMBAマーケットは、SIMBA Chainが新しくリリースしたパブリックNFTマーケットプレイスである。また企業やブランドが「SIMBAマーケット」を通じて独自のNFTをミント(鋳造/発行)・販売できる自社のNFTマーケットプレイスを立ち上げることが可能だ。

FIHは今回立ち上げるNFTマーケットプレイスにて、試合のハイライト動画やデジタル記念品などを販売する予定とのことだ。

またSIMBA Chainは今年1月にベルギー国内サッカーリーグ1部に所属するクラブ・ブルッヘと提携し、NFTマーケットプレイスを立ち上げた。クラブ・ブルッヘはUEFAチャンピオンズカップの決勝に進出したことがあるベルギー唯一のクラブである。

なおSIMBAマーケットは、現在、イーサリアム(Ethereum)、クォーラム(Quorum)、ステラルーメン(Stellar)、アールエスケー(RSK)、バイナンス(Binance)、アバランチ(Avalanche)、ハイパーレッジャーファブリック(Hyperledger Fabric)、ハイパーレッジャーバロウ(Hyperledger Burrow)、ハイパーレッジャーソウトゥース(HyperledgerSawtooth)をサポートしているとのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

アメリカ空軍がサプライチェーンネットワーク構築のためブロックチェーン企業「SIMBA」に150万ドルの資金提供の契約締結

米格闘技PFLが独自NFTプラットフォーム提供へ、マーキュリーと提携

FiNANCiEでプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」がクラブトークン発行

国際オリンピック委員会(IOC)がNFT販売発表、アニモカと共同で、ブロックチェーンはFlow

参考:SIMBA
デザイン:一本寿和
images:iStocks/master1305

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。