FiNANCiEでプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」がクラブトークン発行

FiNANCiEでプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」がクラブトークン発行

株式会社フィナンシェが、同社提供のブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」において、プロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」のクラブトークンの発行と販売を開始することを6月2日発表した。

神奈川県横浜市を拠点とする「横浜GRITS」は、2020年6月にアイスホッケーのトップリーグであるアジアリーグアイスホッケーに新規加盟したアイスホッケーのプロスポーツチームだ。

リリースによると今回のクラブトークンの販売売上は、主に横浜GRITSのクラブ運営、強化費用に利用するとのこと。またクラブトークン購入者は、クラブの投票企画への参加や、参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られるとのことだ。

ファンディング実施期間は6月2日15:00~7月19日14:59の予定となっている。

編集部のコメント

リリースによると横浜GRITSはマイナースポーツの新しい持続可能な形として日本のプロチームでは初めて「デュアルキャリア」という方式で運営しているとのことです。

「デュアルキャリア」は現役アスリートが競技活動と社会人として働く活動を共にメインとして取り組む方式で、競技を継続する環境の構築や経済的な不安の解消、引退後の不安の解消、競技関係者以外との関わりを増やすなどのメリットがあります。

今回FiNANCiEは、横浜GRITSが発行するクラブークンを使って、ファンと共にクラブを創り上げるオンラインでの新しい体験の提供と、プロスポーツ界初のデュアルキャリアチームとしての成長を、そしてアジアリーグ優勝を目指すチームをサポートする応援コミュニティ運営を支援するとのことです。

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定