クリプタクト、ふくおかフィナンシャルグループらから1億円の資金調達

クリプタクト、ふくおかフィナンシャルグループらから1億円の資金調達

「仮想通貨の自動損益計算」や「投資SNS」サービスを提供する株式会社クリプタクトが、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下の株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ他を引受先とする第三者割当増資によって総額1億円の資金調達を実施したことを6月2日発表した。

リリースによると今回の資金調達により人材の補強とブロックチェーンを用いた新規サービス設立のためのシステム開発を行うとのことだ。

株式会社クリプタクトの共同代表取締役である斎藤岳氏はリリースにて「クリプタクトは、投資の民主化をキーワードとして、個人の様々な投資活動を支援するプラットフォームの構築を目指しています。私たちの目指すサービスやその世界観を構築するためには、サービス開発だけではなく、世界観を共有してサポート頂ける金融機関の存在は必要不可欠であると考えております。実際に顧客資産を預かり、個人投資家とのリレーションも豊富なふくおかフィナンシャルグループの出資を受けることで、私たちの目指す投資の民主化を1日でも早く達成すべく、邁進して参りたいと思います」とコメントしている。

参考:クリプタクトFFGベンチャービジネスパートナーズ
デザイン:一本寿和
images:iStock/Arkadiusz-Warguła

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ