クリプトゲームスとアスター(ASTR)が提携、Dappsサービス今春ローンチ

クリプトゲームスとアスター(ASTR)が提携

国内でブロックチェーンゲーム・NFTサービスを開発するCryptoGames(クリプトゲームス)が、パブリックブロックチェーンのAstar Network(アスターネットワーク)とパートナーシップを締結したことが3月29日分かった。これによりアスター上でDapps(分散型アプリケーション)サービスを今春ローンチする予定とのこと。

アスターネットワークは、日本人起業家の渡辺創太氏がCEOを務めるシンガポール拠点企業のステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が開発するパブリックブロックチェーンだ。先日、米ナスダック上場の大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)より資金調達したことも話題となった。

今回の提携によりクリプトゲームスは、アスターネットワークの「dApp staking(ダップ・ステーキング)」を通じたアプリケーションプロジェクトへの支援や技術的サポートを受け、新しいモデルの分散型アプリケーション(Dapps)サービス創出に挑戦するとのことだ。

「dApp staking」は、「アスターネットワーク」と統合したdAppやインフラストラクチャに対して、ユーザーが同ネットワークのネイティブトークン「ASTR」をステーキングすることで、開発者とユーザーが報酬を得られる仕組みとなっている。ユーザーは「dApp Staking」でdAppに「ASTR」をステーキングする事で、報酬を受取りながらも、開発者を支援することが可能となる。

クリプトゲームスは、様々なNFTサービスを提供している企業だ。サービスとしては現在、NFT配布ソリューション「NFT Airdrop」や、NFTマーケットプレイス「NFTStudio」、フルオンチェーンでNFTを発行するサービス「FullOnChainNFT」、簡単にカスタマイズNFT・ショップ・エコシステムを構築できる「NFTStudio OEM」を提供している。

関連ニュース

博報堂とクリプトゲームス、三重県竹神社「御朱印NFT」を参拝客に無料配布

【取材追記】クリプトゲームス、フルオンチェーンNFT発行サービス提供開始

【取材】ダブルジャンプとアスター(ASTR)が提携、NFTコンテンツ展開へ

【取材】ステイクのアスター(ASTR)、米コインベースから資金調達

バイナンスでアスター(ASTR)上場、ステーキングも対象に

images:iStocks/pgraphis
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored