ゴンゾのNFTプロジェクト「SAMURAI cryptos」がオークション実施へ

NFTプロジェクト「SAMURAI cryptos」がオークション実施へ

アニメ制作会社ゴンゾのプロジェクト「SAMURAI cryptos」において、サムライアートNFTがオークション販売されることが3月24日分かった。同プロジェクトにおいて初のNFT販売となる。

「SAMURAI cryptos」は、ゴンゾの代表である石川真一郎氏がプロデューサーをつとめるプロジェクト。ブロックチェーンゲーム開発企業であるdouble jump.tokyo(DJT)が、同社のNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通じて昨年7月より支援している。

なお発表によると同プロジェクトは、昨年10月よりプロジェクト始動を発表していたが、イーサリアム(Ethereum)ネットワークのトランザクション手数料高騰などの理由により一時販売を中断していた。

今回プロジェクトに参加する7名のアーティストの作品が完成したことから、プロジェクトを再スタートさせたとのことだ。

なお参加するアーティストは以下7名となる。

・小林誠氏(「ラストエグザイル」「機動戦士ガンダムZZ」他)
・千葉道徳氏(「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」「SK∞ エスケーエイト」他)
・飯島弘也氏(「アフロサムライ」「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」他)
・高岡じゅんいち氏(「破邪巨星Gダンガイオー」・「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」他)
・白亜右月氏(「爆裂天使」「ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜」他)
・横山愛氏(「X-MEN -エックスメン-」「BAYONETTA BLOODY FATE」他)
・村田蓮爾氏(「青の6号」「LASTEXILE」「シャングリ・ラ」他)

サムライアートNFTについて

今回オークション販売されるサムライアートNFTは、千葉道徳氏の「不動明王」(英語名:FUDO)、飯島弘也氏の「無聊桃源(ムリュウトウゲン)」(英語名:Avalon)、高岡じゅんいち氏の「黄昏て、今」(英語名:In The Moment Of Dusk)、白亜右月氏の「迩驚雷鳴(とどろきのらいめい)」(英語名:The lightning walkers)、横山愛氏の「Samurai religion」(英語名:Samurai religion)、村田蓮爾氏の「灰燼(かいじん)」(英語名:ASHES)で、「伝説のサムライ」を描いた1点ものとのことだ。

また今後は、7名のアーティストが描く7つのサムライアートと対応したシンボルNFTのシリーズが販売・配布される予定とのこと。

「SAMURAI cryptos」のオークションは3月25日12:00~4月3日12:00の期間にて、NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)で開催されるとのことだ。 またイングリッシュオークション形式(競り上げ式)での販売となっている。なお販売数は6作品×各1点で、オークション開始価格は0.01ETHとのこと。

そしてオークション期間中は、東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan2022」やメタバース空間での展示イベント「AsiaVerseNFT Hall」にも出展されるとのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

【取材】ダブルジャンプとアスター(ASTR)が提携、NFTコンテンツ展開へ

【取材】ダブルジャンプの「N Suite」、ハードウェアウォレット「Ledger」と連携へ

【取材】double jump. tokyo、複数人で秘密鍵管理できる「N Suite」リリース

手塚治虫「鉄腕アトム」デジタルアートNFT、約5300万円で落札

スクエニのNFT「資産性ミリオンアーサー」第二弾発売が決定、LINEのNFTマーケットで二次流通も開始へ

 

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored