ゴールドマンサックス、ギャラクシーデジタルのイーサリアムファンドを顧客へ仲介販売

ゴールドマンサックスがイーサリアムファンドを仲介販売

大手投資銀行のゴールドマンサックス(Goldman Sachs)が、暗号資産(仮想通貨)に興味を持つ顧客に対し、デジタル資産投資管理会社ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)のイーサリアムファンド「Galaxy Institutional Ethereum Fund」を販売していたことが、3月8日に米SEC(米証券取引委員会)に提出された文書で明らかになった。

その文書によると、「ゴールドマン・サックスは、発行会社に紹介された特定の顧客について紹介料を受け取る」と明記されており、ゴールドマンサックスがギャラクシーデジタルから仲介手数料を得ていたことが分かる。このファンドの最低投資額は25万ドル(約2900万円)となっており、これまでに28名の投資家に販売したとのことだ。

なおギャラクシーデジタルは昨年6月にゴールドマンサックスとの提携を発表しており、ゴールドマンサックスのビットコイン先物取引における流動性を提供している。

関連ニュース

ゴールドマンサックスがビットコインを含めた金融商品を2021年第2四半期に提供開始か

ゴールドマンサックスCEO、米国のデジタル通貨規制は「大きな進展」を経験するだろう

ゴールドマン、JPモルガンのブロックチェーンでレポ取引を実証

ギャラクシー・デジタル、ソラナを対象とするインデックスファンド立ち上げ

ギャラクシーデジタル、暗号資産カストディ企業ビットゴーを約1,300億円で買収

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。