ゴールドマン、JPモルガンのブロックチェーンでレポ取引を実証

ゴールドマン、JPモルガンのブロックチェーンでレポ取引を実証

米ゴールドマンサックスが、JPモルガン開発・運営のレポ取引(Repurchase agreement)のためのブロックチェーン・ネットワークに参加したことを6月23日にブルームバーグが報じた。レポ取引とは債券などで売り戻しや買い戻しを行う売買取引のことだ。

ゴールドマン・グローバル・マーケット部門のデジタル資産担当グローバル・ヘッドであるマシュー・マクダーモット(Mathew McDermott)氏は「最初の取引は6月17日に行われ、米国債をトークン化したものと、JPモルガンが社内で使用しているデジタル・ドルを表すJPMCoinとを交換しました」とブルームバーグへ説明している。取引額については明言を避けた。

さらにマシュー・マクダーモット氏は「これは取引活動のデジタル化にとって極めて重要な瞬間であると考えています。従来のレポ市場とは異なり、銀行が取引を完了するまでに要した正確な時間は数値化できます。今回のケースでは、3時間5分でした。正確な時間を知ることができるのは、現在の市場からの大きなステップアップであり、担保と現金が同時に、かつ即座に交換される方法でもあります」と説明を加えた。

JPモルガン広報担当のジェシカ・フランシスコ(Jessica Francisco)氏はブルームバーグへ「現在、10社以上の銀行や投資家とレポネットワークへの参加について話し合っています」と現状を説明している。

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kasezo

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored