米国司法省がデジタル通貨専門の弁護士募集

米国司法省がデジタル通貨専門の弁護士募集

米国司法省(DOJ)が同省刑事局のマネーロンダリングおよび資産回収部門に所属する弁護士の募集を6月21日に発表した。

マネーロンダリングおよび資産回収部門とは、主にマネーロンダリングや銀行秘密法などに違反した金融機関や犯罪組織に対して刑事訴追や没収訴訟を行うことで、犯罪者からの資産の回収を担う部門である。また、マネーロンダリングや資産回収に関する法律や規制の策定などの省庁間の取り組みにおける主導的な役割も果たしている。

今回募集が掲載されたのはデジタル通貨専門の弁護士であり、採用された弁護士はマネーロンダリングおよび資産回収部門の特別財務調査ユニットであるデジタル通貨イニシアチブのメンバーとして活動するとのこと。

提示されている主な仕事内容は以下の通り。

1.刑事局のデジタル通貨やブロックチェーン技術に関する専門家としての役割を果たす。
2.デジタル通貨を利用した犯罪者が関与する国家的に重要な刑事・民事案件を戦略的に起訴する。
3.立法や規制に関する事項について政策団体に助言や専門知識を提供し、必要に応じてデジタル通貨の起訴や没収に関連するガイダンスやポリシーを提案・策定する。

なお提示されている年間の給料は144,128ドル~172,500ドル(約1,600万円~1,900万円)、募集の締め切りは7月19日となっている。

参考:米国司法省
デザイン:一本寿和
images:iStocks/robertcicchetti・keko-ka

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行